あなたは私の鏡です

あなたは、私の鏡です。

あなたは、この言葉を聴いて事はありますか?

この言葉の意味は、自分が見たり、聞いたり、経験したことがないことはわからないということです。

例えば、ご商売で、相談事を商売にしている人に、いろんな事を相談しますよね。

その時、相談した方は、相談した内容が経験が少ないか、わからないから相談しますよね。

相談された側は、自分が経験したことや見たり、聞いたことがたまっている頭の中の引き出しから、相談の答えを引き出してくるくるわけです。

ただ、相談という内容は答えが1つではないので、それが本当なのか嘘なのか、判らないのが実情です。

私が、あるセミナーで教えてもらいました。

例えば、車の運転で非常に運転のマナーが悪く、スピードも出し、危険な運転をしていた人がいるとします。

その時、あなたは、非常に頭にきませんか?

あいつ何をやっているんだと、怒ってしまいます。

私は、ちゃんとした運転をしているのけしからんと思います。

でも、あなたは今まで、若いとき、免許取立てのとき、急いでいるときなどスピードを出したことありませんか?

きっと、ほとんどの人はスピードを出した経験はあると思います。

だから、自分が見た光景は、自分が経験しているから、危ないとか危険とかが、判るわけです。

だから、そうゆう運転を見たら、怒るのです。

もし、そうゆうことを知らないと、自分の車をスピード出して追い越していった車に対して怒ることはないのです。

スピードを出して追い抜くことが危険と思ってないわけですからね。

自分が経験したり、見たり、聞いたりして人間は、勉強していくわけです。

私も、営業で何千人の人とお付き合いをしてきましたし、若い頃から、相談人数だけでも3千人は超えていると思います。

そして、私の場合、相談されることによって経験や知識も増やしました。

また、自分としては、若い頃から年上の人と話すようにしています。

人によっては、あまり、勉強にならない人もいますけど。。。。

でも、まだまだ判らないことたくさんあります。

人生、いつまで経っても勉強は必要です。

本読んだり、学校に通うだけが勉強ではありません。

いろいろこれから経験できるように努力していきたいですね。



posted by アリスト at 13:50 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。