ニセコはジャガイモもありますよ

ニセコはジャガイモの産地としても有名です。

じゃがいもは、何種類くらいあるか知っていますか?

だんしゃく、メークインなど常時お料理に使ってるジャガイモは当然耳慣れていますね。

でも、種類としてはたくさんあります。

ただ、出回っている数は、かなり少ないものがありますから、手に入れるのがむずかしいかもしれません。

特徴はそれぞれありますので料理の用途に合わせて、食べてみるのもいいと思います。

男爵薯
生食用品種。明治時代に川田龍吉(かわだ・りょうきち)男爵がイギリスから持ち込んで日本に定着させた品種。デンプンが多くホクホクした食感が得られるが、煮くずれしやすい。このため、粉吹き芋やマッシュドポテト、コロッケなど潰してから使う料理に適している。芽の部分が大きく窪んでおり、でこぼこした形状なので皮をむきにくい。主に、東日本で主流の品種である。

メークイン
生食用品種。大正時代にイギリスから日本に持ち込まれた品種。男爵イモよりもねっとりしていて、煮くずれしにくい。このため、カレーやシチューなど、煮て調理する料理に適している。男爵薯に比べて長い形状で、でこぼこもそれほどひどくなく、皮はむきやすい。主に西日本での消費が多い。世界的に見ても、特に日本で人気がある種。「メイクイーン」と呼ばれることも多いが、品種名としてはメークインが正しい名前である。

キタアカリ
生食用品種。男爵薯を母親として、線虫抵抗性を持たせるよう農林水産省北海道農業試験場(現:北海道農業研究センター)で品種改良したもの。カロチンやビタミンCの含有量が多い。男爵薯同様、粉吹き芋やマッシュドポテトに適している。黄色が強めである。

とうや
生食用品種。内部が黄色く、カロチンやビタミンCの含有量が多い。口当たりがなめらかで、ポテトサラダに適している。黄爵(こうしゃく)と呼ばれるが、最初に名づけたのは、JAたんの(現、JAきたみらい端野支所)である。

トヨシロ
加工用品種。ポテトチップの材料として生産されている品種。風味は男爵薯に較べると劣るといわれるが、揚げると男爵に比べ色合いがよい。

インカのめざめ
2002年に種苗登録された、小粒で黄色みの強い品種。アンデス産の品種を日本向けに改良したもの。甘みが強く、サツマイモや栗に似た味を持つ。生産量はあまり多くなく、キタアカリなどと較べて高価である。

デジマ
長崎県の農林試験場で交配・育成された品種で、1971年(昭和46年)に品種登録された。品種名は江戸時代に外国への窓口であった長崎の出島にちなんだもの。長崎県を中心に九州で多く栽培される。

ラセット・バーバンク
1875年にアメリカの種苗家ルーサー・バーバンクが開発した『バーバンク』の突然変異により1910年頃に誕生。大きくなるためフライドポテトに向き、日本へも加工品が多く輸出されている。Russet Burbank potatoを参照。

などたくさんの種類があります。

インカのめざめなどは、味も甘く、美味しいですが少々値段が高めで手に入りにくいの確かです。

ニセコは、男爵やキタアカリなどの生産が多いと思います。

ジャガイモも貯蔵技術があがり、現在は年中スーパーなど買うことが出来ますが、個人宅で貯蔵して芽が出たら、確実に芽の処理を行ってから食べるようにしましょう。

ジャガイモの芽には毒性があります。

秋には、ジャガイモの収穫が始まりますので、いろいろなジャガイモを探すのもいいかもしれません。





posted by アリスト at 09:11 | Comment(0) | 食材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。