北海道2

気候は

気候は亜寒帯湿潤気候で、夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は根雪となる。道内全域が豪雪地帯になっている。

日本海側は日本海側気候、太平洋・オホーツク海側は太平洋側気候に属する。その気候を分ける山岳地帯は北見山地〜石狩山地〜日高山脈となっている。

気温は夏冬とも一般に日本海側で高く、オホーツク海・太平洋側で低い。

日本海側は冬季には低気圧や気圧の谷の他、季節風による降雪が多く、太平洋側・オホーツク海側は冬季には低気圧や気圧の谷のみによる降雪が殆どであるが、強い冬型の気圧配置で季節風が山岳を越えて降雪することがある。

太平洋側では夏には霧が発生する。

内陸の盆地部は気温の年較差が大きく冬季には記録的な低温を示す事も多い。

道南地域は道内では最も温暖で東北地方と似通った気候であり植生も類似している。

北海道地方には梅雨がないとされ、気象庁でも北海道の梅雨入りは発表されていないが、梅雨前線が北海道にかかり、2週間ほどぐずついた天気になる事がある。

これを蝦夷梅雨という。

気候

気候は亜寒帯湿潤気候で、夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は根雪となる。道内全域が豪雪地帯になっている。

日本海側は日本海側気候、太平洋・オホーツク海側は太平洋側気候に属する。その気候を分ける山岳地帯は北見山地〜石狩山地〜日高山脈となっている。

気温は夏冬とも一般に日本海側で高く、オホーツク海・太平洋側で低い。

日本海側は冬季には低気圧や気圧の谷の他、季節風による降雪が多く、太平洋側・オホーツク海側は冬季には低気圧や気圧の谷のみによる降雪が殆どであるが、強い冬型の気圧配置で季節風が山岳を越えて降雪することがある。

太平洋側では夏には霧が発生する。

内陸の盆地部は気温の年較差が大きく冬季には記録的な低温を示す事も多い。

道南地域は道内では最も温暖で東北地方と似通った気候であり植生も類似している。

北海道地方には梅雨がないとされ、気象庁でも北海道の梅雨入りは発表されていないが、梅雨前線が北海道にかかり、2週間ほどぐずついた天気になる事がある。

これを蝦夷梅雨という。

posted by アリスト at 08:59 | Comment(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。