登別温泉

今は、歓送迎会のシーズンですね。

4月からは、入学式、入社式など人生の節目のスタートが始まる時期がはじまります。

札幌から、家族、会社などで、泊り込みで温泉と考えたときは、札幌の南区の定山渓温泉、ちょっと足を伸ばして、登別温泉が浮かんできます。

登別温泉も、北海道としては古くから知られている温泉の1つであります。

登別温泉の温泉街はたくさんの観光ホテル、そして旅館が並び、またおみあげやさんなどもたくさん並んでいます。

ゴールデンウィークなどの時期には観光のスポットの1つでもあります。

この登別温泉は、北海道の温泉街とするとかなり多きほうで、馬登別温泉の町に入ると、温泉に来たという感じが得られるのも確かです。

この登別温泉には、地獄谷という観光名所もあり、観光客が年間たくさん訪れる観光名所であります。

ここは、私も小学校時代に修学旅行で訪れてから、もう数えることが出来ないくらい訪れている温泉でもあります。

温泉の泉質は、、食塩泉 、硫黄泉 、重曹泉 、酸性泉 、明礬泉 緑礬泉 放射能泉 、苦味泉 、石膏泉 、芒硝泉 鉄泉 の11の泉質からなる世界的にも珍しい温泉であります。

湧き出る湯量は豊富で1日1万トン以上出ているそうです。

また、温泉街には、全国的に有名な熊牧場もあり、何百頭のヒグマを見ることが出来ます。

この熊牧場は、小熊の曲芸などイベントもたくさんやっていますし、人が檻に入り熊にエサをやることも出来ます。

この熊牧場に行くには、温泉街の中腹からロープウェーが出ていますので山の上からの景色を楽しむことも出来ます。

温泉地として北海道としても指折りの温泉街です。


posted by アリスト at 09:02 | Comment(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。