札幌ラーメンとは一味違う旭川ラーメン

独特の旭川ラーメン文化としては、旭川近辺では、醤油ラーメンを正油ラーメンと記すのが普通のことであります。

面白いのが、旭川近辺のラーメン屋のメニューには必ずといっていいほど野菜ラーメンが存在あります。

逆に北海道内のラーメン店ではタンメンを出す店は殆ど見かけないですね。

野菜ラーメンは、北海道外でいうならタンメン近く、モヤシ・白菜・タマネギ・人参・キクラゲなどを炒めたものが大量にラーメンの上に載せてあるものが多いです。

味も野菜の甘みと炒めた分のコクがでて、普通のラーメンとは少し違います。

野菜の量の多いところも特徴であり、麺の量以上に野菜が盛られていることも特徴の1つです。

野菜ラーメンにはチャーシューは乗っていません。

チャーシューが食べたい場合は野菜チャーシューラーメンを注文してください。

また、旭川ラーメンはチャーシューの量も多く、博多ラーメンなどでよく見られる「全部のせ」の旭川版といえます。

旭川市内のラーメン店には、 他地域に比べ、餃子やチャーハンなどとセットにしてラーメンを頼む人が少ない。

ラーメン専門店が多いことに起因しているものと考えられる。

旭川発祥であり旭川の名物である豚トロ(トントロ)が、チャーシューとして用いられることがある。

旭川に行ったら、一回は食べたいですね。


posted by アリスト at 22:03 | Comment(0) | ラーメン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。