簡単ホワイトアスパラのゆで方

もう少しすると、アスパラの時期を迎えます。

アスパラには、ホワイトアスパラとグリーンアスパラがあります。

どちらも、同じものですが、アスパラを育てるときの育て方の違いです。

グリーンアスパラは、太陽に当てながら普通の植物と同じ感じで生えてきます。

ホワイトアスパラに関しては、芽が生えないうちから、土をかけ、土の中で成長させることにより、色がグリーンにならず白いままの状態で出荷できるわけです。

今までは、ホワイトアスパラに関しては、ほとんどスーパーなどでも見ることができませんでしたが、現在は、輸送時術もあがり、少し見ることができるようになりました。

ホワイトアスパラは、鮮度が大事ですから輸送が簡単ではなかったみたいです。

ホワイトアスパラの食べ方として、そのまま焼いて食べても美味しいです。

私は、昔から、ホワイトアスパラのイメージとしては、缶詰のイメージが強く、食べてみると苦味が残るのがホワイトアスパラだと思っていました。

しかし、自分でアスパラの生産者からゆで方を聞いて作ってみると、苦味もなく、うまいホワイトアスパラを食べることができました。

作り方は、簡単ですのでシーズンがきたら試してみてください。

きっと満足をすると思います。

ホワイトアスパラを買ってきたら。

まずは、大き目の鍋にお湯を沸かします。

そのお湯を沸かしているうちに、アスパラの皮むきをしてください。

どうしても、食べた時、口の中に皮が残ってしまうので、この作業だけは確実に行ってください。

お湯が沸いたら、大さじ2杯くらい、塩と砂糖を入れて、ホワイトアスパラをゆでてください。

砂糖と塩は同量です。

そして、ホワイトアスパラが湯であがっら 火を止めてください。

そのときの茹で上がりの目安は、ホワイトアスパラの根元に割り箸が、刺さる状態です。

そこで、食べれるかというと、実はまだです。

もし夜に、作業を行ったとしましたら、翌日の朝までそのまま鍋のふたを閉めて、放置してください。

翌朝、完成です。

翌朝、食べるのもいいですし、冷蔵庫に入れて冷やして食べるのもいいです。

今まで食べてきた缶詰のホワイトアスパラとは段違い、きっと満足をすると思います。

ホワイトアスパラにドレッシングやマヨネーズかけて食べたら。本当に旨いです。

また、保存には、茹でたときの煮汁と一緒に保存容器などで冷蔵庫で冷やしておけば、数日は持ちます。

ただ、保存剤などが入っていませんので早く食べたほうがいいと思います。

ぜひ一度試してください。

価値はありますよ。

この次はグリーンアスパラ炒めについて書きます。

posted by アリスト at 14:35 | Comment(2) | アスパラ
この記事へのコメント
とても 美味しかったです 色々な ゆで方 料理の方法があるのに びっくりしました
Posted by マー君 at 2007年05月14日 11:25
たすかりました。
早速つくてみます。ありがとう♪
Posted by しん at 2008年06月10日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。