北海道の東、知床にウトロ温泉、知床観光拠点

ウトロ温泉(ウトロおんせん)は、北海道網走支庁管内斜里郡斜里町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉があります。

別名で、知床温泉とも言われています。

ウトロ温泉は、北海道の道東知床半島の中間地点の北側にあります。

ウトロは、北海道網走支庁斜里郡斜里町にある地名であります。

漢字表記は宇登呂です。

斜里市街からは、車で30分程度で着きます。

ウトロ温泉や知床観光船乗り場があり、温泉街が広がっています。

また、カムイワッカの滝や知床五湖へ行くための国道334号の入り口にあります。

知床峠を挟んだ羅臼町と共に知床観光の拠点となる場所で、道の駅の開設も予定されています。

知床が世界遺産に登録されたことによる観光収益が期待されていますが、同時に観光客の増加による環境破壊も懸念されています。

厳冬期には流氷が押し寄せ、運がよければオジロワシ等の観察もできます。

エゾシカが温泉街を歩く姿をよく見ることが出来るが、近年はシカの集落進出が著しく、農産物や家庭の観葉植物が食い荒らされる被害が出ているほか、糞や尿の垂れ流しによる害、シカの道路飛び出しによる交通事故も懸念材料であります。

銃器による駆除は、集落に接近しすぎている上、知床半島から流れ込む無数のシカには無力として断念、抜本的対策として、集落全てをフェンスで囲むことを2006年に決定しました。

フェンスは高さ3m、距離は3628mで、うち3092mを斜里町が、536mを網走支庁が設置します。

対策費用は3600万円で、9月に建設を開始して12月に完成する見込み。


ウトロ温泉の泉質は、含重曹食塩泉、含ホウ酸食塩重曹泉、源泉温度61℃ です。

温泉街は、知床半島の西岸、オホーツク海側に温泉地が存在します。

温泉街には6軒のホテルが存在します。

他に、民宿などの中小規模の宿泊施設も多いですね。

知床観光の拠点にもなっていることから、規模が大きいホテルが多いのが特徴です。

共同浴場は一軒、「夕陽台の湯」があります。

オホーツク海を一望する露天風呂が有名ですね。

隣には国設のキャンプ場もありますから、夏場のキャンプを楽しむのも良いかもしれません。

アクセスは、斜里バスで、

知床斜里駅より約60分

網走駅より約1時間50分

女満別空港より約2時間10分
網走バス(季節運行)

知床斜里駅より約45分

網走駅・網走バスターミナルより約1時間30分
女満別空港より約2時間

北海道中央バス・斜里バス(イーグルライナー)

札幌ターミナルより約7時間10分

などのアクセス方法があります。

おもいっきり、自然に触れる観光をと、考えると知床はとてもいいところですね。


posted by アリスト at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | ウトロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39158059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

道東の一筆書き
Excerpt:  2年前に道東を一筆書きで反時計回り(左回り)に一周しました。同好の士の参考のために その旅程をお知らせします。時間的にも、距離的にも、大旅行でした。 第1日目  とかち帯広空港到着⇒レンタカー借用⇒..
Weblog: Kirkの独白
Tracked: 2007-04-18 11:56
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。