知床でウトロ温泉のほかに羅臼温泉もあります

羅臼温泉(らうすおんせん)は、北海道根室支庁管内目梨郡羅臼町(旧蝦夷地、明治以降の旧根室国)にある温泉です。

温泉の泉質は、含硫黄ナトリウム塩化物泉 源泉温度99℃

温泉街は、羅臼川上流の知床国立公園内、知床横断道路である国道334号沿いに温泉街が広がっています。

旅館(ホテル)が3軒、温泉民宿が3軒あります。

また、国設の羅臼温泉キャンプ場も整備されています。

羅臼岳、羅臼湖へも近く、両観光地への観光拠点でもあります。

共同浴場は、無料で入浴可能な露天風呂「熊の湯」があります。

また、住民用の温泉が集落内にあります。

温泉街の近くには、北海道の天然記念物に定められている羅臼間欠泉もあります。

羅臼町(らうすちょう)は、北海道東部、根室支庁管内目梨郡にある町です。

知床半島の南東半を占めており、根室海峡を隔てて国後島と向き合う。


羅臼町は、面積 397.84km² 総人口 6,487人(2006年12月31日)

観光としては、知床国立公園、羅臼岳、潮風公園 羅臼港、北方領土を見渡せる、ヒカリゴケ(天然記念物。小説『ひかりごけ』で有名)、羅臼温泉熊ノ湯、北の国から 純の番屋(カモイウンベ川手前)、瀬石温泉(海岸沿いにある満潮時に水没する温泉)、相泊温泉、知床岬などがあります。

交通アクセスとしては、

空港
根室中標津空港(中標津町)

鉄道
ありません。


バス路線は、釧路駅前より羅臼町中心部にかけて、阿寒バスの定期路線が1日5往復運行されています。

知床は、北海道札幌から見てもかなり遠いところです。

車では、確実に8時間弱はかかると思います。

でも、知床観光をするには各観光地への移動距離も長いので、レンタカーなどを使い観光されることが一番良いかもしれません。

posted by アリスト at 12:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | 知床
この記事へのコメント
トラバありがとうございます!
北海道情報満載ですね〜
ちょくちょくおじゃまさせていただきます!
Posted by ちっち at 2007年04月19日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39163710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鮭児
Excerpt:  愛知県の百貨店で「鮭児」が販売されているそうな。お値段は、魚屋もびっくりの一尾115500円(多分税込み)だってさ‥‥。(-_-;)
Weblog: アングラな魚日記
Tracked: 2007-04-18 22:57
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。