北海道の最南端、襟裳岬も観光名所としては、忘れることが出来ません

えりも町(えりもちょう)は、北海道南部、日高支庁管内にある町です。

1町で幌泉郡をなしているのはめずらしいです。

北海道主部における最南端である襟裳岬がります。

町名の由来は、アイヌ語で「エンルム」(突き出た頭の意)からきているみたいです。

面積 283.93km² 総人口 6,002人(2005年3月31日)

地理てきには、北海道南部、日高山脈の南端に位置する町です。

南端部には観光名所の襟裳岬があります。

非常に風の強い地域で、最も風の強い襟裳岬では、風速10mを超える日が年間290日以上あります。

産業的には、漁業が主です。

襟裳は、コンブ、サケ、ウニなどが獲れるところでも有名ですが、特に日高昆布は、全国的に有名です。

観光的には、

風の館(2004年11月21日)襟裳岬

襟裳岬灯台

襟裳岬「風の館」

しゃくなげ公園

望洋台

黄金道路 (国道336号)

百人浜オートキャンプ場 など観光名所がたくさんありますが、この中でも、全国的に有名なのは襟裳岬が観光名所としては有名です。

祭は、えりも岬寒風マラソン大会、海と山の幸フェスティバル 10月第一日曜日、灯台まつり 8月14日〜16日 などがあります。

また、襟裳で有名なのは、黄金道路 えりも町庶野から十勝支庁広尾町に至るまでの国道があります。

日高山脈と太平洋に挟まれた断崖絶壁に走る道路で、建設に湯水のごとく金がかかった事から「黄金道路」と呼ばれています。

交通アクセスとしては、

JRはありません。

最寄駅は日高本線の様似駅で、列車に接続してJR北海道バス日勝線が運行しています。


道路は、高速道路はありません。

一般国道としては、国道336号(黄金道路)が、あります。

札幌からは、車で5時間前後はかかると思います。

襟裳岬は、観光客も多く、岬では、森進一の襟裳岬が流れ、食堂やおみあげやさんがあります。

先ほども書きましたが、かなり風の強いところでもありますから、かなり寒いですので、防寒着を持っていかれたほうが良いかもしれませんね。




posted by アリスト at 09:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 襟裳岬
この記事へのコメント
 僕にとって北海道は特別なところ。自転車で日本一周、そして縦断したときに人々のおおらかさと豊かな大自然の中を自転車で思いっきり走ったことは僕にとって宝物のような思い出です。
Posted by 長谷川 修 at 2007年04月26日 21:56
初めまして、TBありがとうございました。
慣れていなくて、ご挨拶が遅くなってしまいました。よろしくお願いいたします。
北海道は、空気が軽やかで、食べものや作物も新鮮で、大好きです。
Posted by クロゼット☆ライター at 2007年05月11日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。