北海道網走は、観光名所もたくさんありますが、かに、ホタテなど海産物のたくさんあります

網走市(あばしりし)は、北海道網走支庁管内にある市で、支庁所在地であります。

市名の由来については複数の説があるが、いずれもアイヌ語がもととなっています。

面積 470.92km² 総人口 39,983人(2007年3月末)


地理的には、網走支庁東部、北見市から東に約50kmの位置あります。

また、オホーツク海に面していまして、高い山はなく、丘陵地が多いところです。

市街は網走川河口付近と、その南に続く海岸段丘上の平地に広がっています。

北西部に能取湖、中部に網走湖、東部に濤沸湖があり、それぞれ網走国定公園の一部であります。

北海道としては、一年を通じて晴天が多く、降雪量は少ないところです。

海に面するため寒暖差も少なく、北海道東部としては温暖な気候であります。

隣の北見と比べても、温度差はかなりあります。

交通アクセスとしては、

空港は、
女満別空港(大空町)

港湾は、
網走港(重要港湾)

JRは、
石北本線 : 呼人駅 - 網走駅

釧網本線 : 網走駅 - 桂台駅 - 鱒浦駅 - 藻琴駅 - 北浜駅
かつては湧網線が通っていましたが、現在は廃止されています


バスに関しては、
網走バスが市内・近郊路線を運行する他、網走交通バス、阿寒バス、斜里バスも乗り入れされています。

網走バス・北海道北見バス・北海道中央バスの3社共同運行で、札幌行都市間高速バス・ドリーミントオホーツク号が運行されています。

網走バスターミナルで乗降を扱う他、札幌発網走行は網走駅で降車できます。

道路としては、高速道路は、ありません。

一般国道は、国道39号、国道238号、国道244号、国道334号があります。

車で札幌から網走までは、6時間くらいは、かかりますので網走観光を考えるには少しはやめの出発を考えたほうがいいかもしれませんね。

観光名所としては、名勝天都山、二ツ岩、能取岬 が有名な観光名所です。

またレジャーには、

道立オホーツク公園オートキャンプ場てんとらんど もあります。

観光としては、

流氷 (1月下旬から3月上旬頃まで着岸、年によって見られる時期が異なる)

網走刑務所

博物館網走監獄

網走湖

網走湖畔温泉

網走市立郷土博物館

網走市立美術館

北海道立北方民族博物館

オホーツク流氷館

能取湖

サンゴ草群落(9月頃に見頃となる)

モヨロ貝塚

流氷観光砕氷船「おーろら」

網走国定公園
かつて二ツ岩地区にあった水族館は閉館(2002年)しており、建物も取り壊されている。

網走市内含め、網走市の周りのも観光名所は、たくさんあります。

全国的に、有名なのは網走の刑務所が一番有名かもしれません。

当然中には入ることは出来ませんが、網走刑務所の歴史を見ることのできる博物館網走監獄は、網走に行ったら見ておいたほうがいい観光名所の1つでもあります。

祭は、

あばしりオホーツク流氷まつり(2月)

網走川祭(あばしりかわったさい)(7月第1日曜日〜第3土曜日)

オロチョンの火祭り(7月第4週)
などがあります。

また、食べることに関しても、オホーツク海に面して港もありますので、新鮮な魚も入ってきますし、当然かにも食べることが出来ます。

ちなみに かにの食べ放題のお店も網走にはありました。

かにの食べ放題を考えている方は 少し余裕のあるスケジュールを立てたほうがいいと思います。

また、近くに、サロマ湖などもありますから、ホタテや牡蠣も食べることが出来ます。

また、冬は、流氷も見ることが出来るところですので、1年中、観光の出来るところ網走です。



posted by アリスト at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 網走
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。