北海道温根湯温泉でつつじ祭りがはじまります

北海道の温根湯温泉で毎年5月上旬か開催のつつじ祭りが、5月3日から始まります。

ツツジ(躑躅)は、ツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属の植物の総称であります。

ただし、日本ではこの中に含まれるツツジやサツキ、シャクナゲとを古くから分けて呼んでおり、これらはしばしば学術的な分類とは食い違います。

ツツジ属の植物は概ね、低木から高木で、葉は常緑または落葉性である。世界に850種ほどが確認されています。

雑種も多く、花を少し見ただけでは「ツツジ」の仲間ということまでは、すぐ解るが、種まで鑑別することは難しいことが多いです。

このため下記のような部分をよく観察する必要がある。

雄蘂の本数、毛の有無

雌蘂や子房の毛の有無

葉の形、毛の有無

最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されている。

日本で言うところのツツジや、サツキは公園や道路の分離帯などの植え込みにしばしば見られる。

日本では長い栽培の歴史を持ち、早くから育種も進んだ。元禄5年(1692年)に伊藤伊兵衛により刊行された「錦繍枕」は、世界最古のツツジ、サツキ専門書であります。

この温根湯のつつじ祭りにあわせて観光するのもいいと思います。

温根湯の周りにはたくさんの観光名所もありますから、ドライブでいくのもいいと思いますし、温泉を絡めた小旅行でもいい十見ます。




posted by アリスト at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温根湯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。