北海道札幌市定山渓温泉手前に小金湯温泉があります

札幌市南区定山渓温泉手前に、小金湯温泉があります。

小金湯温泉(こがねゆおんせん)は、北海道石狩支庁管内札幌市南区(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉であります。

郊外農村の中にある小さな温泉地で、札幌市街に近い温泉です。

ここも、北海道としては歴史が古く、開湯は1893年(明治26年)です。

北海道への入植者がカツラの木の下から湧出している温泉を発見したとされています。

しかし1887年(明治20年)以前に入植した吉沢太左ヱ門が温泉を営んでいたとする記録があり、さらにそれ以前にも日本人の居住があったらしいので、実際の起源についてはっきりしたことはわかりません。

1890年(明治23年)の入植者の出身地から「熊本開墾」を住所地名としたが、大正時代に「黄金湯」の地名があらわれ、これがやがて小金湯になったみたいです。

この地名の由来には諸説があります。

1962年(昭和37年)に住所地名も小金湯になりました。

温泉の泉質は、硫黄泉、アルカリ性単純泉で、源泉温度は30℃前後と、いずれもぬる湯です。

温泉としては、沸かし湯になります。

温泉街としては、国道230号から100メートルか200メートルほど奥に入ったところにあり、豊平川の清流近くに3軒の旅館が存在しています。

歓楽的な要素が少ない湯治場であります。

川の対岸に山が迫って、柱状節理の壁をなしています。

昔は付近に黄金橋という吊り橋があリマ下が、今はありません。

北東側には砥山ダムがあります。

旅館のそばに札幌市アイヌ文化交流センター「サッポロピリカコタン」があります。

交通アクセスとしては、

JR:函館本線札幌駅よりバス(じょうてつ)で約45分ですが、やはり車で行ったほうが便利かもしれませんね。

どちらかというと、子供連れで楽しむ温泉ではなく、ゆっくり温泉に浸かりたいとか、湯治がしたいとかの人が楽しむ温泉かもしれませんね。




posted by アリスト at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。