北海道の積丹は、これからがシーズン旨いもの食べること出来ます 

積丹といえば、まずはうにが頭に浮かんできます。

札幌の近場で、生うにが食べれるところとなると積丹ですね。

蒸しうにではなく、生ですよ。

一度、食べたら、まずは、病み付きになると思います。

でも、うにもシーズンものですから、いつでも食べれるわけではありません。

確認してから行きましょう。

ドライブをしながら、旨いもの食べる 良いですね。

積丹半島(しゃこたんはんとう)は北海道西部、後志支庁にある半島であります。

地名の由来はアイヌ語のシャクコタン(夏の村)に由来します。

日本海に向かって突き出ており、地質学上では那須火山帯に属する後志火山群の延長上に位置します。

半島部の全長は約30q、地形は平野部が少なく急峻で、中心では積丹岳や余別岳が脊梁をなし、沿岸は複雑な海岸線が連続しています。

そのため、風光明媚な景観に富み、海岸線一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されています。

積丹岬や神威岬など岬が多く、それを取り囲む小湾に幾つもの漁村集落が誕生しました。

とりわけ、江戸時代から大正末にかけて続いたニシン漁を始め、長らく漁業が周辺町村の経済を支えていたが、近年は沿岸漁業不振により、人口流出による過疎化が著しいです。

近年は観光業に注力しているが、札幌大都市圏に比較的近いながらも、交通の不便さがネックとなっています。

そのため、温泉資源が豊富であるにも関わらず、雷電温泉、盃温泉郷以外は、さほど開発も進んでいません。

近辺は魚介類が豊富であり、ヒラメ、イカ、ウニ、スケトウダラ(タラコ加工も盛ん)などが名物となっています。

かつては檜山や留萌と同様、ニシン漁でも知られ、一帯はソーラン節の発祥地でもあります。

交通アクセスは、山がちな地形のため、交通には恵まれていません。

現在では国道229号が半島を海岸沿いに巡っているが、1996年までは神恵内村・積丹町の間で未開通区間があったほどです。

狭隘な海岸を縫うように走るため、岩盤をくりぬいたトンネルが無数にあります。

古平町ではトンネル崩落により路線バスが飲み込まれ、20人の犠牲者を出す惨事となりました。

道内の交通において、主要幹線の地位を占める国道5号が、半島腹部である共和町国富〜余市町中心部を通るため、国道229号は近隣住民の生活上の支線となっており、交通量が少ないです。

鉄道交通は函館本線が国道5号とほぼ同じ経路(半島腹部のルート)をたどるため、恵まれていません。

1985年までは他に国鉄岩内線が岩内〜小沢間を走っていました。

また、かつて岩内港と新潟県の直江津港を結ぶカーフェリー(東日本フェリー)が運航されていたが、利用者減少により廃止されました。

積丹の関連町村、岩内町(西の玄関口)、共和町、泊村、神恵内村、積丹町、古平町、余市町(東の玄関口)があります。

どこも、漁業は盛んですので、新鮮なうにや魚を食べることはできます。

たまには、積丹1周ドライブもいいと思います。


posted by アリスト at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。