北海道ドライブシーズン タイヤチェックも忘れずに

ゴールデンウィークも終わり、北海道も春が来ました。

やっと北海道の峠も夏タイヤで走ることの出来ることの時期に来ました。

冬タイヤから、夏タイヤへの交換は終わりましたか。

寒冷地の北海道では、当然冬は冬タイヤで走ります。

北海道を含め寒冷地では、タイヤの交換は、年2回は必ずやります。

北海道や積雪地帯の以外の人は、冬タイヤって何と思う人も多いと思います。

こちらで、言っている冬タイヤはスタットレスタイヤといいまして、普通のタイヤよりも溝がかなり深く、溝自体も幅は広い状態にタイヤです。

また、タイヤのゴム質もかなり軟らかく、雪に噛み付く感じのタイヤです。

なぜ、冬タイヤから、夏タイヤに、交換するかというと、冬タイヤは磨耗が激しいので、早く取り替えなければ、今度の冬がくるときのその冬タイヤが使えなくなってしまう為です。

それと、夏タイヤに比べ、冬タイヤは、ブレーキをかけたときの制動距離がかなり長くなってしまう為です。

また夏タイヤに比べ、冬タイヤは、コーナリングのグリップがかなり弱く、横滑りの発生する原因にもなります。

簡単に言えば、冬タイヤは夏タイヤと比べ、溝が多く深いので、グリップ面が少ないということと、ゴムが軟らかいので踏ん張る力がかなり弱いということです。

今、札幌も含め、北海道は景気が悪いです。

そのためだけではないと思いますが、現在は、冬タイヤをそのまま、はきつぶすために、夏も乗る人が増えてきています。

冬タイヤの性能を理解して、夏場の運転をしないと、今までの夏タイヤではこう走れたと思っていても、思わぬ事故につながる可能性もあることを注意して運転していかないとだめだと思います。

事故を起こしたら何もなりません。

それとタイヤの交換をしたらエアーチャックは忘れずにしましょう。

事故を起こしてからでは、遅いです。

交通事故には十分気をつけましょう。
タグ:タイヤ
posted by アリスト at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。