北海道雨竜町は、北海道遺産の雨竜沼湿原もあります

雨竜町(うりゅうちょう)は、北海道空知支庁管内にある町です。

暑寒別岳東側にある、雨竜沼湿原が有名が有名なとこです。

雨竜町は、面積 190.91km² 総人口 3,206人(2006年6月30日)

雨竜とは、アイヌ語で現在の雨竜川を呼んだ言葉「ウリロベツ」(鵜の多い川)から転訛したものです。

地理的には、北海道空知支庁管内の北部で、石狩平野北端・雨竜平野の北部に位置して、雨竜川右岸に市街地があります。

周辺部には水田がひろがる。

河川: 石狩川、雨竜川、尾白利加(おしらりか)川、恵岱別(えたいべつ)川

交通アクセスは、

JRは、かつて国鉄札沼線が通っていたが、1972年6月19日に廃止された。

町域には雨龍、石狩追分、渭ノ津の3駅と新雨竜、中雨竜の2仮乗降場がありました。

バスは、

北海道中央バス
高速るもい号(滝川経由便)
滝川沼田線(ジェイ・アール北海道バス廃止代替路線)

空知中央バス
滝深線(雨竜経由)があります。

道路は、国道275号 空知国道

観光名所としては、暑寒別天売焼尻国定公園、 雨竜沼湿原(北海道遺産)2005年11月にラムサール条約登録予定、白竜の滝 が有名です。

中でも、雨竜沼湿原はかなり有名な観光スポットでありますが現地には、車は途中まで出、後は、歩いて行かなくてはなりません。

それなりの距離がありますので、服装も考えて行かなくてはなりません。

この北海道遺産(ほっかいどういさん)とは、北海道に関係する自然・文化・産業などの中から、北海道遺産構想推進協議会によって選定されたものを指しています。

また、雨竜町はお米の美味しいところとしても有名なところです。





タグ:雨竜町
posted by アリスト at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雨竜・北竜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。