北海道よさこいソーランの時期ですね

YOSAKOIソーラン(よさこいそーらん)とは、毎年6月上旬に札幌市で行われる祭です。

今は、北海道神宮祭よりも、札幌の人では多いです。

一方で、以下で述べられているような種々の要因から「祭と称したダンスコンクール、またはそのルールに則って舞踏するダンス」をさす、とする意見もある。

北海道大学の学生だった長谷川岳(現在 同組織委員会 専務理事)が、高知のヨサコイ節を見て着想したイベントとされています。


よさこいソーランの原則の基本的なルールとしては、ダンスミュージックに「ソーラン節」のメロディを含めること、鳴子を持って踊ることや、数十人程度の集団(チーム単位)で舞踏すること等が挙げられます。

踊りの年齢層は幼稚園児から上はお年寄りまでと幅広いが、主力を担っているのは若年層であります。

北海道内では幼稚園や小学校の運動会などで踊ったり、地方のお祭りやイベントなどでも地元のチームが演舞を披露する事があるようです。

祭りは毎年6月初旬から中旬の数日間行われ、札幌市内各所で演舞が行われますが、大通公園パレードコース内の特定エリアでの演舞が審査の対象となります。

全チームを10のブロックに分け、審査員によって選ばれた各ブロックの予選「1位チーム」、およびシード権を有する前年度大賞チームが「ファイナルコンテスト」へ、また「2位チーム」と「3位チームの中で一般からの携帯電話投票数が最も多い1チーム」が「セミファイナル」へ進出する、これら選ばれたチームが再度大通公園8丁目に設けられた特設ステージで決勝の演舞を行い、その年の「YOSAKOIソーラン大賞」等が決まります。

開催当初、僅か10チーム、1000人ほどの規模だったが、その後十数年でチームは300を超え、踊り手の数は4万人以上に膨れ上がり、祭り期間中の大通公園は原色剥き出しの演舞衣装に身を包んだ踊り手たちでごった返します。

北海道内各地からはもちろん、道外や海外からの参加者もいます。

よさこい祭りの本場である高知県からの参加もあります(2006年は参加チームがなかった)。

地下鉄車内で会場を移動する大勢の踊り手の集団に遭遇したり、「地方車」(じかたしゃ)と呼ばれる派手な装飾を施したトラックを見かけることがあります。

踊り手と観光客で宿泊施設は札幌周辺はもちろん、定山渓方面まで一杯になり(ここ数年はビジネス利用者などが避けるために必ずしも宿泊施設が埋まるわけではない、とする予約サイト調査の報告もある)、メインステージ等に設置される「桟敷席」(さじきせき)は「ファイナルコンテスト」などが予約開始早々に売り切れてしまいます。

予約開始日には特電が設置されるなど、コンサート並みの営利対応が取られる。

祭りの模様は、北海道内の民放・NHKの各局がこぞって長時間のローカル生中継を行っており、北海道内であれば家にいながら踊りを見る事が出来ます。

中でも「ファイナルコンテスト」の中継が毎年高い北海道内視聴率を獲得しているが、2006年はHBCとTVhが中継時間を大幅に縮小し、同局がこれまで行ってきた「ファイナルコンテスト」の中継はテレビ朝日系HTBによる独占で行われたほか、BS朝日では全国を対象に放映されました。

なお、視聴率調査対象は札幌市に多いことから、必ずしも北海道全体の関心を測ることはできない、とする説もあります。

しかし、札幌も含め、北海道の活性化になんらかの役割を果たしていることは、間違いないと思います。

今現在、よさこいソーランに関して、賛成派と反対派の意見がぶつかりあっている状態です。

なんでもそうですが、大きくなるといろいろな問題が出てきます。




posted by アリスト at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。