北海道別海には、野付半島など有名観光地はあります

別海町(べつかいちょう)は、北海道根室支庁管内の野付郡にある町です。

正しくは「べつかい」と読むが、一般的には「べっかい」で通うります。

町名の読みについてはかつては「べつかい」「べっかい」が混在していたが、 1971年(昭和46年)の町政施行を機に「べつかい」で統一され、公的な文書や放送等ではこちらの読みが使われています。

町名の由来は、アイヌ語の「ベッ・カイェ」(川の折れ曲がっているところ)からきてるようです。

別海町の面積 1,320.15km²※境界未定部分あり 総人口 16,667人(2006年11月30日)

このに別海に野付半島があります。

地理的には、北見市、足寄郡足寄町、釧路市、紋別郡遠軽町に次ぎ、道内の市町村で5番目に面積が広いところです。

町役場は別海に位置し、別海、中西別、中春別、西春別、西春別駅前、上春別、上風連、本別海、尾岱沼等集落が点在しています。

西部の地区は別海市街よりも標茶町市街の方が近いです。

町の大半は原野を切り開いた丘陵地帯で、北海道的な牧場風景が広がっています。

東部は野付水道に接し、北方領土を望むことができます。

南西部には陸上自衛隊北部方面隊第5旅団別海駐屯地(矢臼別演習場)が置かれています。

その面積は17,192ha。

1997年から沖縄県金武町県道104号線越えの砲撃訓練を受け入れた。

年数回アメリカ軍による大規模な射撃訓練が行われる。

河川 西別川、風蓮川

湖沼 風蓮湖

半島 野付半島

交通アクセスとしては

空港は、根室中標津空港 (中標津町)

JRは、町内を通っていた旧日本国有鉄道の標津線は1989年4月30日に廃止されました。

別海町内には以下の駅が設置されていました。

標津線:春別駅 - 平糸駅 - 別海駅 - 奥行臼駅
     泉川駅 - 光進駅 - 西春別駅 - 上春別駅

現在、町内に鉄道路線はありません。

以下の駅が最寄駅である。

JRは、釧網本線 : 標茶駅(標茶町)、根室本線 : 厚床駅(根室市) また、別海村時代には別海村営軌道が存在しましたが、1971年に廃止しました。

道路としては、一般国道、国道243号、国道244号、国道272号

観光名所としては、野付半島・打瀬船(北海道遺産)、風蓮湖、トドワラ、野付風連道立自然公園、別海町尾岱沼青少年旅行村

祭りは、潮干狩りフェスティバル(4月下旬 - 5月上旬)、えびまつり(6月下旬)、産業祭(9月中旬)、西別川あきあじまつり、白鳥まつり(2月第2日曜)

特産は、ホッカイシマエビ、サケ(あきあじ)、コマイなどの海産物 牛乳、バター、アイスクリームなどの乳製品 などが有名です。

知床と案外近いので、知床へ行かれたついでに別海の観光名所も周るといいと思います。

ここも、北海道観光のおすすめの1つの観光地ですね。

別海には、風連湖、野付半島など北海道でも有名な観光名称もあります。














タグ:別海町
posted by アリスト at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。