北海道上湧別町は、北海道でチューリップで有名なところです

上湧別町(かみゆうべつちょう)は、網走管内中部に位置する町町です。

この上湧別町札幌から車で走って行くにはかなり遠いです。

しかし、上湧別で有名なチューリップ祭りを見に何回か走りました。

日帰りは、少しきついでうすが、チューリップ畑は、きれいです。

札幌に住んでいて見たことないチューリップもたくさんあります。

時期をあわせて、一度、ロングドライブもいいですし、オホーツク観光をしてきてもいいと思います。

町名の由来は、旧湧別村分割時に湧別川の上流側の位置にあったことからきているようです。

上湧別は、面積 161.39km²※境界未定部分あり 総人口 5,749人(2006年3月31日)

地理的には、町の中央部を湧別川が流れていて、地形は平坦なところです。
河川: 湧別川

交通アクセスは、

空港は、紋別空港 (紋別市)

JRは、かつては名寄本線、湧網線が通っていたが、現在は廃止されています。

名寄本線と湧網線の分岐駅だった中湧別は現在、道の駅となっています。


道路は、一般国道、国道238号、国道242号 が走っています。

観光名所としては、
上湧別町ふるさと館「JRY(ジェリー)」
五鹿山公園キャンプ場
上湧別町チューリップ公園 が有名です。

祭は、
チューリップフェア (5〜6月)
七夕まつり (8月)
湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会(2月) が代表的です。

チューリップ祭りは、チューリップ公園で行われます。

この上湧別町チューリップ公園(かみゆうべつちょうちゅーりっぷこうえん)は、北海道網走支庁上湧別町にある町立の公園の名称です。

上湧別町の花であるチューリップを呼び物とした公園で、5月に行われるチューリップフェアが著名であります。

所在地は北海道上湧別町字屯田市街地。

お祭りの概要としては、チューリップ公園の総面積は12.5ヘクタールで、このうち畑の部分はおよそ7ヘクタールであります。

栽培されているチューリップは120品種あり、全120万本を誇ります。

年ごとに新しい品種を植えるなどしており、オランダから輸入された珍しい品種の花も見ることが可能です。

公園内で見られる主なチューリップの種類は、アーリーグローリー、アンクルトム、アラジン、アニーシルダ、オリンピックフレーム、アプリコットパロットなどがあります。

例年5月1日より1ヶ月間、「かみゆうべつチューリップフェア」が行われ、公園内が満開のチューリップで埋まります。

開催には「チューリップフェアフラワーリングセレモニー」が行われています。

5月の中旬頃より空から公園内を見ることのできるヘリコプター遊覧も実施されているほか、オランダ民族衣装での記念撮影など、オランダにテーマを絞った各種イベントが用意されています。

公園外側に駐車場が第1・第2・バス専用と分かれており、軽食レストランの「チューリップ館」や売店、チケット販売所があります。

また、屯田歴史館「ふるさと館JRY(ジェリー)」や屯田兵屋も隣接しており、見学することが可能です。

公園内ではチューリップの切り花販売、球根の予約販売、園内を周遊する電動のバス「チューピット号」が走るなど、各種有料で楽しむことができます。

チューリップフェア時の開園時間は午前8時から午後6時まで、入園は500円のチケット購入が必要です。

中学生以下は半額・幼児は無料であります。

ベビーカー・車椅子の貸し出しやペットと共に入場できるのも特徴であり、ほかにシーズン券や藻琴山温泉芝桜公園、滝上公園との共通入園券も販売されています。

なお詳しいことは、チューリップ公園のホームページがありますののでご覧ください。

チューリップ公園へアクセス





posted by アリスト at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。