北海道で夕日が一番きれいなオロロンライン感動します

日本海オロロンラインは北海道西部、小樽から稚内までの日本海添の広域観光ルートです。

その中の大部分を占める留萌管内は、日本で唯一の繁殖地、オロロン鳥(海ガラス)がいる天売島、オンコ原生林と渡り鳥の宝庫、焼尻島があります。

特にこの道を夕方晴れた日に走ると、夕焼けの綺麗なことに感動してしまいます。

ドライブをして車を運転していても、ついつい車を止めて、見とれてしまうほどです。

本当に綺麗です。

カップルには、車を止めるところだけ探しておけば、完全なるデートスポットになってしまいます。

この夕焼けの色そして北海道の自然、そんな中で都会の忙しなさを忘れさせてくれる夕焼けです。

声がきっと出ないと思います。

私は、何回かは見ましたが、また見に行きたいですね。

南部には四季折々の景観が楽しめる暑寒別岳があります。

北部には広大なサロベツ湿原などがあり北海道の大自然を身体中で体感することができます。

日本海沿いのオロロンラインは、美しい海岸線の風景が楽しめる人気のドライブコースであります。

ニシンゆかりの名所旧跡が連なり、沿道には、夕日や海を眺めながら湯浴みが楽しめる温泉もたくさんあります。

また、ちょっと山側に入れば、お花見スポットや森林浴&バードウオッチングに最適な公園などがたくさん点在しています。

ペパーミント・ブルーに染まった春の日本海をドライブするのは本当に気持ちがいいですね。

このオロロンラインは、ロングドライブに推薦します。

また 観光としても温泉や観光名所もたくさんありますので、札幌から稚内方面の目的地を絞った観光には適しています。

すばらしいところですから是非一度車で走ってみてください。



posted by アリスト at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。