札幌国際カントリークラブ 島松コース

札幌国際カントリークラブ 島松コース

メンタルなスポーツといわれるゴルフ。

心構えも技のうちである。

またマナーに始まりマナーに終わるといわれる所以も、発生地、英国の誇り高き紳士たちのジェントリーマインドが、今日に至ってもなお息づいているからであろう。

ここ "札幌国際カントリークラブ 島松コース"の歴史においても、その心と技の葛藤の中で生まれた美しい物語は数多い。

丘陵コース。

Aは距離があり、アップダウンもあって狙いめをしっかりして攻めないとスコアはまとまらない。

Bは高低差15m。

左右に小さく曲がるホールが大半で、フェアウェイもあまり広くない。

Cは46年に開場したコースでアンジュレーションに富み、2打のライに微妙な変化が出る。


A・Bコースは昭和38年、Cコースは昭和46年のオープン。地形、レイアウトともに味わいのある林間コースです。

各ホールは白樺、なら、くりなどの自然林でおおわれています。

関東以北では数少ないコース設計で、プレーヤーのスコアメイクは頭脳的な戦術が必要でしょう。

 
天然林にセパレートされた各ホールは、充分に広いフェアウェーを守る樹木との対話に打ち勝ったプレーヤーが好成績をおさめるでしょう。

北広島市島松49番地5

TEL:011-376-2221 FAX:011-377-5440




札幌国際カントリークラブ 島松コースへアクセス








posted by アリスト at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道ゴルフ場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。