札幌ステラプレイス

札幌ステラプレイス(さっぽろ―、Sapporo STELLAR PLACE)は、北海道札幌市中央区のJR札幌駅南側に位置する大型商業施設であります。

2003年3月にオープンしました。

構造がJRタワーと一体化しており、JRタワースクエア(後述)では一番新しい施設であります。

地下鉄さっぽろ駅とも通路で直結しています。

札幌エスタ、アピア、パセオと共に「JRタワースクエア」を形成しています。

ステラプレイスのイメージカラーは■水色。

札幌駅西コンコースと東コンコースの間に位置する「センター」とJRタワーの低層階に位置する「イースト」に分けられています。

センターは地下1階から9階まで、イーストは地下1階から6階まであります。

その他に、2006年3月15日にはJRタワースクエア共通のポイントカードの発行を開始しました。

センターの東コンコース1階には、UHBとAIR-G'のサテライトスタジオ「えき☆スタ」が入居しています。

センター7階・8階はシネマコンプレックス「札幌シネマフロンティア」になっています。

スクリーン数は12。

札幌駅南口の外壁中央に設置されている時計は北海道出身の彫刻家・デザイナー五十嵐 威暢(たけのぶ)氏がデザインした物であります。

名前は『星の大時計』。

時計の下にある青い縞模様はソーラーパネルで、発電した電気は『星の大時計』などの動力源にされています。

また、最近では北海道唯一のHMV店舗が4階に開きました。


札幌ステラプレイスのホームページがあります。

札幌ステラプレスへアクセス






posted by アリスト at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。