北海道千歳市新千歳空港駅周辺

新千歳空港駅(しんちとせくうこうえき)は、北海道千歳市美々にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅です。

新千歳空港への連絡駅であります。

新千歳空港駅のホーム (2004年5月) 改札口日中は、札幌駅・小樽駅・旭川駅方面への快速「エアポート」が15分おきに運転されています。

早朝・夜間は快速はなく、札幌・小樽方面への普通列車が運転されています。

なお、南千歳駅〜新千歳空港駅間は加算運賃が設定されている(加算額140円)。

新千歳空港駅周辺は、新千歳空港、三井アーバンホテル新千歳空港 があります。

新千歳空港駅は、

のりば
1 ■千歳線 南千歳・札幌・手稲・小樽・旭川方面

2 ■千歳線 南千歳・札幌・手稲・小樽・旭川方面

新千歳空港ターミナルビルに直結する地下駅のため、独自の駅舎はありません。

内装はデンマーク国鉄と提携した、北海道の入口にふさわしいデザインとなっています。

海峡線青函トンネル内の吉岡海底駅・竜飛海底駅を除外すれば、JR北海道で唯一の地下駅でもあります。

なおこれら2つの海底駅は、正確には「定点」(駅の形をした避難通路)であって「駅」ではありません。

空港内出発ゲートまでは徒歩約6分です。

出発客と到着客の通行ルートは完全に分離されており、駅〜空港ターミナル間において人と擦れ違うことは基本的に無いです。

ホームは島式1面2線。早朝・深夜を除いたほとんどの時間帯で、どちらかのホームで快速エアポートが発車を待つダイヤになっており、利用者はホームで列車の到着を待つことなく乗車することができます。

この形態を前提としているため、ホームは乗降客数に比較して狭く、ベンチも設置されていません。

ダイヤが乱れた際にはホームが乗客で溢れることもあります。

道外からの利用客がかなり多いため、駅構内には「Suica、ICOCAなどのICカードは使えません」といった旨の掲示がされています。

みどりの窓口(営業時間6時30分〜22時45分)、自動券売機(指定席券売機もある)、オレンジカード自販機、自動改札機設置駅です。

トイレが改札外の待合所にあるため、改札後は停車中の列車にあるトイレを利用するよう張り紙があります。

ちなみにJR北海道の列車は編成内に必ず1箇所以上トイレ設備があります。




posted by アリスト at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR駅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。