北海道帯広市帯広駅周辺

帯広駅(おびひろえき)は、北海道帯広市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線の駅です。

JR北海道の駅とJR貨物の駅は正式には同一地点扱いとなっているが、実際には両駅の間に柏林台駅が存在し4kmほど離れています。

帯広市の中心駅で、帯広市西二条南12丁目4にあります。

正面には駐車場、タクシー乗り場、帯広駅バスターミナル(旧・帯広駅バスタッチ)があり、帯広市内路線バス、帯広空港、都市間バスの乗降ができます。


帯広駅周辺としては、帯広市の中心部にあり、市役所などの公共施設も近くにあります。

駅前は小売店や飲食店、宿泊施設なども多く存在しています。

とかちプラザ、藤丸百貨店、長崎屋帯広店、国道236号などがあります。

帯広駅は、島式ホームで2面4線を持つ高架駅であります。

高架以前からホテル事業と小売事業を行っていた帯広ステーションビル(1965年発足)は1996年、エスタ帯広を開業するが、開業後わずか2年で経営破綻しました。

現在もテナントに空きが見られています。

終日社員配置駅であります。

1・2番のりば改札口はジェイ・アール道東トラベルサービスに委託されています。

駅舎の1階はショッピングエリア・各種施設・待合室・みどりの窓口(営業時間6時00分〜21時30分)・改札口(自動改札機)があり、2階がホームとなる。

駅弁は1階売店で販売されています。

改札口は当初駅中央部にあったため、連絡通路があったが、テナントの撤退が相次ぎ要望を受けて改札口が後退、中央部が開放されました。

このような方式はJR九州宮崎駅にも見られます。

ふるさと銀河線の廃止まで、連絡乗車券を買える自動券売機が設置されていました。

JR北海道のグループ企業が経営するホテル日航ノースランド帯広が隣接しました。
posted by アリスト at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR駅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43114066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。