北海道小樽市小樽運河アクセス

北海道小樽市の小樽運河は、小樽で一番の観光名所です。

観光バスで小樽に行っても必ずよるのが、小樽運河ではないでしょうか。

札幌から小樽は近く、観光にしろ、ドライブにしろ手ごろな観光スポットでもあります。

当然、子供連れで楽しむことが出来る小樽水族館も近いです。

また、小樽運河周りには、いろいろな観光スポットもありますし、小樽のお寿司やさんもたくさんありますので、おなかが空けば、おいしいお寿司も食べることはできます。

小樽運河(おたるうんが)は、北海道の小樽市にある運河であります。

大正12年(1923年)に完成した。内陸に水路を掘ったものではなく、沖合を埋立て、陸との間に出来た水路であり、「埋立て式運河」と呼ばれていました。

海上に停泊した船舶からの貨物を乗せた艀(はしけ)舟を係留し、貨物の荷揚げに使われていました。

人力で荷揚げする方式は戦後に入り衰退していきました。

また、戦後は樺太等との交易がなくなったため、物流の拠点としても急速に廃れていきました。

既に無用の長物と化していた小樽運河を道路として整備する方針が、小樽市によって昭和40年代に打ち出されました。

それに対し運河の保存運動が全国規模で高まった。市側は当初の全面埋め立てに対し、運河の半分の幅を残す妥協案を提示するが、全面保存を求める保存派と意見が折り合わないまま、昭和58年には埋め立て工事に着手しました。

昭和61年には北海道道17号小樽港線 (通称 小樽臨港線) が開通しました。

現在では、当初の景色を残す北運河よりも、半分を埋め立てて公園化した臨港線部分に観光客が多いようです。

運河の両岸には煉瓦や軟石の倉庫が立ち並び、往時をしのぶことができます。

しかし(昭和58年の)埋め立て工事以前は強烈な腐臭がしていた事は隠しています。



小樽運河ホームページへアクセス



タグ:小樽運河
posted by アリスト at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北海道旅行記part2 in小樽
Excerpt: トイプードルの親子ちゃんに別れをつげ、歩いていると・・・・動物発見!やるな、北海道。なんと馬が走っておりました。これは観光用の馬車で、ちゃんとおばあさんが乗車していました。小樽運河沿いがコースのよう。..
Weblog: 突撃!散歩中
Tracked: 2007-06-14 09:20
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。