北海道中標津町中標津空港

中標津空港(なかしべつくうこう Nakashibetsu Airport)は、北海道標津郡中標津町にある第三種空港です。

根室中標津空港(ねむろなかしべつくうこう Nemuro-Nakashibetsu Airport)とも呼ばれています。

中標津空港へのアクセス
根室交通

根室有磯営業所発着便(根室駅・厚床駅・別海・中標津ターミナル経由)
航空便に接続運行
知床方面へは、中標津ターミナルにて阿寒バス羅臼行に乗り換えです。

1990年(平成2年) 1,800m×45mの滑走路を供用開始。

ジェット化、東京便就航開始。初のソウルへの国際チャーター便が運行されました。

1997年(平成9年) 2,000mの滑走路を供用開始


中標津空港は、日本最東端の空港で、空港ビルは日本の空港ビル唯一の集成材を利用した木造建築(一部鉄筋コンクリート造を併用)。

空港の周囲が大酪農地帯でもあり、石垣空港と並び日本を代表する「香り立つ」空港の一つとなっています。



タグ:中標津空港
posted by アリスト at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 空港
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。