北海道ニセコ町ニセコ駅周辺

ニセコ駅(にせこえき)は、北海道虻田郡ニセコ町字中央通にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅です。

日本初のカタカナのみの駅名であります。

ニセコ駅周辺には、
ニセコ駅前簡易郵便局
ニセコ町役場
ニセコ郵便局
ニセコ支署
ニセコバス本社
北海道ニセコ高等学校
妙福寺
有島記念公園
綺羅の湯(町営の日帰り温泉・ニセコ駅前温泉)
道の駅ニセコビュープラザ
尻別川
ニセコバス「ニセコ駅前」
道南バス「ニセコ本通」などがあります。

ニセコ駅は、相対式ホーム2面2線をもつ地上駅です。

各ホームは跨線橋で結ばれている。

のりば

1番のりば - 函館線上り 長万部方面

2番のりば - 函館線下り 倶知安・小樽・札幌方面

駅舎は昭和40年(1965年)にできた二代目であります。

ブロック造り一階建て、209平方メートルで山小屋風の建物であります。

1990年に「C62ニセコ号」延長運転の際、函館方にターンテーブルを設置(根室本線・新得駅から移設)したが、1995年の運転終了後以降は使用されていません。

ちなみに、現在運転の「SLニセコ号」の牽引機はC11型タンク式機関車なので、ターンテーブルがなくても運転が可能であります。

簡易委託駅(ニセコ町観光協会委託、倶知安駅管理)であります。

窓口では常備乗車券のほか、出札補充券、料金補充券、硬券入場券も発売しています。

窓口営業時間は7時10分〜17時10分。



posted by アリスト at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR駅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。