札幌市営地下鉄東豊線

札幌市営地下鉄東豊線(さっぽろしえいちかてつとうほうせん)は、北海道札幌市東区の栄町駅から同市豊平区の福住駅までを結ぶ、札幌市営地下鉄の路線です。

中央のレールをまたいでゴムタイヤで走行する案内軌条式鉄道であります。

車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「スカイブルー」(水色:■)。

路線記号はH。

路線データ
路線距離(営業キロ):13.6km
駅数:14駅(起終点駅含む)
複線区間:全線
電化区間:全線(直流1500V・架空電車線方式)
閉塞方式:車内信号式

東区は大きな人口を抱えているにもかかわらず、地下鉄が通っていませんでした。

そのため、約2キロ離れて並行している南北線の乗車率が、ときに200%を超える事態に陥っていました。

そこで東区選出の議員が中心となって新路線建設を推し進め、1988年の東豊線開業にこぎつきました。

初期構想の段階では当時往来の多かった東区役所から東8丁目篠路通経由で栄町、あるいは苗穂丘珠通にある開成高校付近への案が取沙汰されていました。

最終的にはこの両案の折衷案的な東15丁目屯田通経由の現行ルートとなったが、結果として開業時は当初計画を大きく下回る利用者のため、市民に「政治路線」と揶揄されたこともあります。

なお、終点側は当初は市電山鼻線・山鼻西線に代わるかたちで山鼻方面への延伸も計画されていた(地下鉄はもともと市電の置き換えを想定したもの)が、市電の廃止に地元が難色を示したこと、また同時期国道36号の混雑が深刻化され緊急の改善策が求められたことから、月寒・北野方面へ目指すかたちに決定しました。

1994年に開業した豊水すすきの駅〜福住駅間は発展が著しく、特に学園前駅、豊平公園駅、福住駅周辺は、開通以降現在に至るまでマンション建設ラッシュなどで人口増加が著しいです。

バブル崩壊後、東区の地価の暴落を抑え、スラム化を防いだのも東豊線があるからであるといわれています。

また開発の遅れていた東区側の元町駅、新道東駅周辺のマンション建設ラッシュによる人口増加、きたえーる、つどーむ、札幌ドーム等駅周辺の公共施設の完成と2003年の北海道日本ハムファイターズの本拠地移転によって、さらに輸送人員を増やしています。

使用車両は、

7000形:20編成80両

4両編成、1両3扉。


車両基地は、
東豊線には車両基地がないため、東西線西28丁目駅に隣接されている西車両基地に留置されています。

東西線と東豊線の間は、大通駅構内の連絡線で結ばれています。

西車両基地を出庫した車両は東西線内を回送運転し、西11丁目駅から連絡線を通って東豊線さっぽろ駅に出ます(入庫時はこの逆である)。

東豊線内では、出庫した車両はさっぽろ駅から客扱いをする(そのため1日に数便「さっぽろ駅発→栄町駅行」という列車がある)が、入庫する車両は栄町駅から客扱いなく回送されます。

開通当初は、入庫する列車を営業運転させた「栄町駅発→さっぽろ駅行」という列車も存在したが、中間駅のさっぽろ駅で客扱いを終了する場合、車内の残留客・遺失物の確認等により、必然的に本線上で長時間停車とせざるを得ず、また、さっぽろ駅から連絡線に入る場合、栄町方面への本線を支障しなければならない等、ダイヤの乱れの原因となる要素が多い為、数年で消滅しました。

なお列車の構造上、東西線の車両が東豊線に進入することはできないです。

また、車両基地まで回送ができなくなった場合に備え、栄町駅の北側に検車線が設けられています。

ここには当初、東豊線の車両基地が設けられる予定であったが、用地取得の問題などから断念されました。





posted by アリスト at 11:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 札幌地下鉄
この記事へのコメント
廃止にしろ
Posted by at 2007年09月02日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。