北海道札幌市札幌市電歴史もあります

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

札幌市電は、歴史もあります

民営時代

1918年8月〜9月に開道50周年を記念して北海道大博覧会が開催されることになったのを機に、馬車鉄道を路面電車化しようという動きが高まり、1916年10月には「馬車軌道」から「電気軌道」へ社名を変更しました。

改軌および電化の工事は1918年4月から始められました。

当初は軌間を1,372mmとする計画で、車両はイギリスのデッカー社から輸入する予定だったが、第一次世界大戦の影響でヨーロッパからの海上輸送は困難となり、急遽名古屋電気鉄道から中古の車両を譲り受け、またアメリカからやはり中古のレールを輸入しました。

この時、軌間は車両に合わせて1,067mmに変更されました。

こうした混乱のため、8月1日の博覧会開会に間に合わず、8月12日に停公線(札幌停車場〜中島公園、のちの西4丁目線および中島線)、南四条線(南4条西3丁目〜南4条東3丁目、のちの豊平線)、南一条線(南1条西14丁目〜南1条東2丁目)が開業しました。

その後、旧馬車軌道線を中心としてほぼ毎年のように路線の新設・延長が相次いだようです。

冬季は雪に悩まされ、馬そりによって代行輸送することも少なくなかったが、1925年からササラ電車が走り始めるとかなり改善されました。

今もなおササラ電車は軌道の除雪に活躍し、冬の風物詩となっています。

市営化〜最盛期
1927年12月1日に路面電車が市営化された時の総延長は16.3km、保有車両数は63両でありました。

その後も路線の拡充は続き、1931年には鉄北線を除くすべての路線が全線開通しました。

第二次世界大戦中は節電のために一部停留場の廃止や終電の繰り上げ、通学切符の最低距離制限などを行い、さらに乗務員不足を女子挺身隊で補っていました。

戦後の1946年冬には閑散路線を一時休止したほか、進駐軍の将兵およびその家族が藻岩山でスキーを楽しむために、都心部と山鼻方面の間に専用電車が運行されました。

やがて復興が進むにつれて輸送需要も増大し、ボギー車の導入や単線区間の複線化が進められました。

1950年代後半から60年代初期にかけて、隣接自治体との合併や郊外の人口増加に伴い、路線網の拡大が計画されたが、実現したのは鉄北線の新琴似延伸のみでありました。

この当時新設が検討された路線には以下のようなものがあった。

中央市場通から琴似方面

鉄北線から分岐して北光(ほっこう)方面

豊平線から分岐して菊水・上白石方面

一条線と北五条線を西15丁目通で短絡

豊平駅前から月寒(つきさっぷ/つきさむ)方面

この区間については1942年にも陸軍の要請で(月寒には陸軍病院があった)路線敷設が計画された。

一条線または豊平線を延伸、国鉄千歳線移設後の旧線に乗り入れました。

のちに地下鉄東西線を建設する際にも、当初はこのルートで計画されました。

1960年代に入ると輸送量の増加に対応するため、ラッシュ時のみ増結される親子電車や連接車を導入したが、一方で自動車の交通量も増加し、電車の運行に支障が出始めていました。

このころ一部の系統で「婦人子供専用車」が運行されたが、朝晩わずか1往復づつだったために利用しにくく、やがて廃止されました。

このほか、朝夕の通勤輸送の便を図ることを目的に「急行電車」が運転されたこともありました。

乗車人員は1964年度をピークとして減少に転じました。

また急行電車廃止の代替措置として1965年に各路線で停留場の統廃合を行ったことにより停留場間の距離が広がり、利用客にとっては逆に利便性が損なわれ、乗客の減少に拍車がかかったともいわれています。


縮小期
1972年の札幌オリンピック開催決定を機に地下鉄が建設されることになり、1968年から南北線北24条駅〜真駒内駅間の工事が始まりました。

さっぽろ駅〜すすきの駅間は市電の最高密度区間である西4丁目線の真下だったため、10m単位で切断した線路を最終電車の通過後に枕木ごと持ち上げて掘削し、朝までに覆工板を敷いて軌道を復旧するという綱渡りも行われたが、工事が手間取り、始発電車の予定時刻に間に合わないこともありました。

一方この頃、鉄北線を新琴似駅前から、当時は地平を走っていた札沼線の下を立体交差で抜け、防風林に沿って新札幌団地(現・石狩市花川南付近)まで延伸するという構想が地域住民の間から持ち上がりました。

北24条で南北線と接続し、都心に連絡するというものでありましたが、市電への新規投資は難しい情勢となっており立ち消えになりました。

南北線開業直前の1971年(2回)と開業後の1973年、1974年の4度にわたって多くの市電路線が廃止され、現在の区間のみとなった。全廃、または東西線との競合区間の廃止も検討されたが、公害問題や折りからの石油ショックなどで路面電車が見直され、1976年に存続が決まりました。

その後は車体の更新、軌道や停留場の改修などとともに経営の健全化が図られ、一度は赤字になっていた事業を立て直すことに成功しました。

2001年、函館市電と共に北海道遺産に指定されました。

2002年から、再び赤字に転落したことや車両の老朽化が進んでいること、将来的に乗客数の伸びが見込まれないことなどにより民間委託や廃止、あるいは逆に、都心部の活性化の核とすべく、路線の再延長、ライトレール化等が提案されていたが、札幌市長上田文雄は2005年2月に存続を決定しました。


路線延伸についての動き
2005年8月、まちづくりの中で市電を活用する方法について学識経験者や札幌市幹部が話し合う「さっぽろを元気にする路面電車検討会議」が発足した。12月には札幌市役所で同会議が開かれ、「札幌駅への延伸なしに存続は成り立たない」との判断に達しました。

同月、かねてより札幌市電の延伸・ライトレール化を訴えていた市民団体の一つが3通りの延伸案を公表しました。

西4丁目から東に直進して西3丁目で左折、札幌駅まで北進。札幌駅から右折して西2丁目線を南進し、南1条で西4丁目に戻る。

西4丁目から東に直進して西3丁目で左折、札幌駅まで北進。札幌駅から左折して駅前通を南進、西4丁目に戻る。

西4丁目から札幌駅前通を通って札幌駅前まで延伸、これを往復する。

なお、同団体を含む市電存続派の多くは西4丁目停留場とすすきの停留場の間を結ぶ事を主張していたが、この案ではとりあえず駅前延伸を最優先するとしています。

札幌市は検討会議に対して具体的な路線延伸案(上記民間案の通りになったかどうかは不明)を提案する予定であったが、札幌商工会議所や都心部の商業関係者からの慎重論が大きいことなどにより、2006年5月に当面の間は見送ることとしました。

札幌市はなお延伸に向け、商業関係者の理解を求めていくとしています。


現存・廃止路線一覧

路線名・停留場名は現行のもの(廃線については廃止時点のもの)に統一。

特に注記がない路線は全線軌間1,067mm、複線、直流600V電化。

現存路線の一条線・山鼻西線・山鼻線はそれぞれ直通運転している。

現存路線(一部廃止区間を含む)
一条線
一条橋 - 頓宮前 - (※)まるい前 - 西4丁目(廃止)
(※)「井」を丸囲み

西4丁目 - 西8丁目 - 中央区役所前 - (分岐) - 西15丁目(現存)
(分岐) - 医大病院前 - 長生園前 - 琴似街道 - 円山公園(廃止)
1918年8月12日 東2丁目〜西15丁目間開業。

開業時は西15丁目停留場が本線上にあり、そこから西に延伸した区間を当初「円山線」と呼称していました。

1920年 頓宮前〜東2丁目間開業。
1921年 西15丁目〜医大病院前間開業。
1923年 医大病院前〜琴似街道間開業。
1924年 琴似街道〜円山公園間開業。
1925年 一条橋〜頓宮前間開業。
1973年4月1日 一条橋〜西4丁目間、医大病院前〜円山公園間廃止。
地下鉄東西線開業時にも残存区間の廃止が検討されたが、見送られています。

山鼻西線
西15丁目 - 西線6条 - 西線9条旭山公園通 - 西線11条 - 西線14条 - 西線16条 - ロープウェイ入口 - 電車事業所前 - 中央図書館前

1931年11月 単線で開業。
1950年 一条線との分岐部付近を経路変更、複線化。
1951年 全線複線化。

山鼻線
中央図書館前 - 石山通 - 東屯田通 - 幌南小学校前 - 山鼻19条 - 静修学園前 - 行啓通 - 中島公園通 - 山鼻9条 - 東本願寺前 - 資生館小学校前 - すすきの

1923年8月12日 すすきの〜行啓通間開業。
1925年 行啓通〜一中前(現:静修学園前)間開業。
1931年11月21日 一中前〜師範学校前(現:中央図書館前)間開業(単線)。
1954年 全線複線化完了。
1994年 創成小学校前(現:資生館小学校前)〜すすきの間センターポール化。

廃止路線
西4丁目線
札幌駅前 - (苗穂線が合流→) - グランドホテル前 - 三越前 - すすきの
1918年8月12日 停公線として開業。
1971年12月16日 札幌駅前〜三越前間廃止。一条線と直交していた三越前 - すすきの間の軌道を西4丁目に接続、環状化。
1973年4月1日 全線廃止。

豊平線
すすきの - 4条東1丁目 - 豊平2丁目 - 豊平5丁目 - 豊平8丁目(定山渓鉄道廃止までの名称は「豊平駅前」)
1918年8月12日 すすきの〜松竹座前間は停公線として、そこから4条東3丁目まで南4条線として一部開業。
1924年 4条東3丁目〜大門通(のち廃止)間開業。
1925年 大門通〜平岸街道(のちの豊平5丁目)間開業。
1929年 平岸街道〜豊平駅前(のちの豊平8丁目)間開業(単線)。
1950年 豊平駅前に引込線竣工。
1954年 全線複線化。
1965年 豊平橋架替え工事に伴い一部区間運休、バス代行。
1966年 豊平駅前の引込線廃止、国道36号線上に停留場を移設。
1971年10月1日 全線廃止。

中島線
松竹座前 - 中央寺前 - 園生橋 - 市立高女前 - 中島公園
1918年8月12日 停公線として複線で開業。
1945年 単線化。
1948年8月 全線廃止。

苗穂線
グランドホテル前 - (西4丁目線より分岐→) - 道庁前 - 東3丁目 - 東7丁目 - 東10丁目 - 苗穂駅前
1919年5月 道庁前(西4丁目線上)〜東7丁目間開業。
1922年 東7丁目〜苗穂駅前間開業(単線)。
1934年 全線複線化。
1971年10月1日 全線廃止。

北5条線
札幌駅前 - (鉄北線が分岐→) - 中央郵便局前 - 北5条11丁目 - 予備校前 - 桑園学校通 - 中央市場通
1927年6月 開業。
1932年 西5丁目陸橋建設工事に伴い一部区間運休。
1971年10月1日 全線廃止。

西20丁目線
中央市場通 - 開発建設部前 - 長生園前
1929年11月 開業。
1971年10月1日 全線廃止。

桑園線
桑園駅通 - 桑園市場前 - 桑園駅前(単線)
1929年10月 開業。
1960年6月 全線廃止。

鉄北線
札幌駅前 - (←北5条線に合流) - 北大正門前 - 北大病院前 - 北17条 - 北21条 - 北24条 - 北27条 - 北30条 - 北33条 - 北37条 - 麻生町 - 新琴似駅前
1927年12月 北7条通(のちの北大正門前)〜北18条(のち、北16条と統合)間開業。
1932年 西5丁目(のちに廃止)〜北7条通間開業。跨線橋によって他路線とつながる。

1952年 北18条〜北24条間開業(単線)。
1954年 北18条〜北24条間複線化。
1959年 北24条〜北27条間開業
1963年 北27条〜麻生町間を非電化路線として開業、全国でも珍しい路面ディーゼルカーを導入。
1964年 麻生町〜新琴似駅前間開業(非電化)。
1967年 全線電化。また、函館本線電化にともなう陸橋改修により、その区間のみ専用軌道化。
1971年12月16日 札幌駅前〜北24条間廃止。
1974年5月1日 全線廃止。

過去の運転系統
最盛期の1958年ごろの系統は以下の通り。

1系統 一条橋 - まるい前 - 西4丁目 - 札幌医大前 - 長生園 - 円山公園〔一条線〕

2系統 北二十四条 - 札幌駅前 - すすきの - 静修学園前 - 学芸大学前(現:中央図書館前)〔鉄北線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は郵政研修所前(現:ロープウェイ入口)まで延長運転

3系統 西保健所前(のちの長生園前) - 桑園学校通 - 札幌駅前 - 豊平駅前〔西20丁目線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

4系統 苗穂駅前 - 道庁前 - 三越前 - すすきの - 中島公園通〔苗穂線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は南十六条(現:静修学園前)まで延長運転

5系統 桑園駅前 - 札幌駅前 - すすきの - 豊平駅前〔桑園線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

6系統 まるい前 - 学芸大学前〔一条線、山鼻西線〕
12系統 北二十四条 - 札幌駅前 - 中島公園通〔鉄北線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は南十六条まで延長運転
路線縮小が始まる直前(1970年ごろ)の系統は以下の通り。

1系統 一条橋 - まるい前 - 西4丁目 - 医大病院前 - 長生園前 - 円山公園

2系統 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前 - 教育大学前(旧:学芸大前 現:中央図書館前)

3系統 医大病院前 - 長生園前 - 中央市場通 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 豊平8丁目(豊平駅前)〔一条線、西20丁目線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

4系統 苗穂駅前 - 道庁前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前

7系統 新琴似駅前 - 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの〔鉄北線、西4丁目線〕

8系統 三越前 - すすきの - 静修学園前 - 教育大学前 - 西線16条 - 交通局前 - 西4丁目 - まるい前〔西4丁目線、山鼻線、山鼻西線、一条線〕

臨時2系統 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前

臨時3系統 札幌駅前 - 中央市場通 - 長生園前

臨時7系統 北37条 - 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの

臨時7系統 北27条 - 北24条 - 札幌駅前

臨時8系統 まるい前 - 交通局前 - 西線16条 - 教育大学前

臨時8系統 西4丁目 - 交通局前 - 西線16条

過去の接続路線

桑園駅前停留場(桑園線):国鉄函館本線、札沼線

札幌駅前停留場(西4丁目線、北5条線、鉄北線):国鉄函館本線

札幌駅乗り入れ:国鉄札沼線、千歳線、定山渓鉄道(1969年11月1日廃止)

苗穂駅前停留場(苗穂線):国鉄函館本線、千歳線(旧線)

苗穂駅乗り入れ:定山渓鉄道

北24条停留場(鉄北線):札幌市営地下鉄南北線(南北線開通から鉄北線全線廃止まで)

新琴似駅前停留場(鉄北線):国鉄札沼線

豊平駅前停留場(豊平線):定山渓鉄道

円山三丁目停留場(後の琴似街道:一条線):札幌温泉電気軌道(1929年6月〜1933年:1930年10月に札幌郊外電気軌道と社名変更)


posted by アリスト at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。