札幌市札幌市電過去の在籍車両

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

過去の在籍車両について

廃車車両の一部は地下鉄自衛隊前駅南側高架下にある札幌市交通資料館に保存・展示されています。

単車
10形:24両(11〜37、13・23・33欠番)1898〜1907年製、1918年購入。22号(旧29号)が交通資料館で保存。
40形:28両(41〜68)1921〜1924年製
100形:9両(101〜109)1925〜1926年製
110形:5両(110〜114)1927年製
120形:8両(120〜127)1929年製
130形:9両(130〜138)1931年製、初の半鋼製車。
150形:11両(151〜161)1936年製
170形:5両(171〜175)1937年製

335 (ひよどり電車文庫)
札幌市西区西野9条3丁目ボギー車
500形:5両(501〜505)1948年 日本鉄道自動車製 運輸省規格型 初のボギー車。
600形:20両(601〜620)1949〜1951年 日本車輌製 日車標準型 戦後復興期の主力車両 改造により前中扉・正面1枚窓化 615を601に改番し交通資料館で保存。
550形:10両(551〜560)1952年 汽車会社製 初の前中扉車 正面2枚窓
560形:10両(561〜570)1953年 汽車会社製 正面傾斜2枚窓
570形:10両(571〜580)1954〜1955年 汽車会社製 正面傾斜2枚窓Hゴム支持
580形:5両(581〜585)1956年 汽車会社製 正面2枚窓Hゴム支持 初のZ形パンタグラフ・ドアエンジン装備・蛍光灯照明(585号)。
320形:7両(321〜327)1957年 ナニワ工機製 正面3枚窓 1974年廃車。321が交通資料館で保存。
200形:8両(201〜208)1957年 札幌綜合鉄工共同組合製 初の道産電車 正面3枚窓 前折戸 1971年廃車
330形:5両(331〜335)1958年 日立製 札幌スタイルの原型 3300形に更新
210形:2両(215・216)1958年製 1989年廃車
220形:4両(223〜226)1959年製 1974年廃車
230形:8両(231〜238)1959年製 1974年廃車
240形:1両(245)1960年製 1970年に事故により廃車

路面ディーゼル車
D1000形:1両(D1001)1958年 東急車輛製 試作車 330形同様の車体は700形に転用。
D1010形:3両(D1011〜D1013)1959年 東急車輛製 ラジエター・エンジン部を開口 車体は700形に転用。
D1020形:3両(D1021〜D1023)1960年 東急車輛製 250形同様のやや角ばった車体は710形に転用。
D1030形:7両(D1031〜D1037)1963年 東急車輛製 中両開き扉 車体は720形・A870形に転用。
D1040形:2両(D1041〜D1042)1964年 東急車輛製 A820形同様のスタイル  1971年廃車 D1041が交通資料館で保存

ディーゼル車を電車化した車両
700形:4両(701〜704)1967年改造 D1000形・D1010形の車体と550形・560形の電装品の組合せ
710形:3両(711〜713)1968年改造 D1020形の車体と550形・560形の電装品の組合せ
720形:1両(721)1970年改造 D1030形の車体と240形245号の電装品の組合せ
連接車(表示上は「連結車」)
A800形:3編成6両(A801+A802〜A805+A806)1963年 日本車輌製 初の連接車 カーブでのせり出しを抑えるため極端に絞った車端部が特徴 A801+A802が交通資料館で保存
A810形:2編成4両(A811+A812〜A813+A814)1964年 日本車輌製 A800形の改良形 オーバーハングの適正化 パッセンジャーフロー方式初採用 前折戸 中特大片引扉
A820形:2編成4両(A821+A822〜A823+A824)1964年 日本車輌製 新・札幌スタイルとなる大型固定窓を採用 幅広貫通幌とともに地下鉄1000形へと受け継がれる
A830形:6編成12両(A831+A832〜A841+A842)1965年 東急車輛・日本車輌製 ドア配置を変更 ローレル賞受賞 ドア配置を変更 中扉は二重片引戸に D1040形とともに欧州の専門誌にもたびたび取り上げられる
名古屋鉄道にA837+A838〜A841+A842の3編成6両を譲渡、モ870形となる。なお名古屋鉄道は、歴史の項で前述した名古屋電気軌道が経営の母体となっており、かつて名古屋から札幌に電車が譲渡された後、今度は札幌から名古屋に電車が譲渡されたと言う、数奇なめぐり合わせとなっている。

連結車
Tc1形:1両(Tc1)1961年 日本車輌製 親子電車の「子」 1971年廃車 交通資料館で保存
A850形:5編成10両(A851+A852〜A859+A860)1965年改造 570形・580形を連結車化
A870形:2編成4両(A871+A872〜A873+A874)1969年改造 D1030形の車体と560形の電装品の組合せ
貨車:6両(貨1〜貨6)
貨:2両 貨1〜旧・貨2 1944年製
* 貨:4両 貨2〜貨6 1956年製
散水車:4両(水1〜水4)
水:4両 水1〜水4 1952〜1954年製

排雪車
雪1形 雪4〜雪8 ブルーム式排雪車(ササラ電車) 雪4〜雪7は路線縮小や老朽化のため廃車 雪8は木造車体のまま廃車され、交通資料館で保存
雪10形 雪11〜雪13 プラウ式排雪車 雪11が交通資料館で保存
DSB1形 DSB1〜DSB3 Diesel Snow Broom 鉄北線非電化区間用ディーゼルブルーム式排雪車 DSB1が交通資料館で保存。


posted by アリスト at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。