北海道足寄町観光名所もあり面積も日本一でした

足寄町(あしょろちょう)は、北海道十勝支庁管内の足寄郡にある町です。

町名の由来は、アイヌ語の「エショロ・ペツ」(沿って下る川)からきています。

約1,400km²の面積を持ち、2005年1月まで日本一広い面積を持つ市町村でした(現在は、高山市、浜松市、日光市、北見市に次いで第5位)。

また、2006年3月19日まで道内で最も面積の広い自治体でもありました。

しかし、町としては2006年3月20日現在でも、日本一広い面積を持つます。

面積 1,408.09km² 総人口 8,417人(2007年1月31日)


地理的は、元は釧路国に帰属していたが、交通が不便だったため十勝国に帰属先が変更されました。

十勝支庁北東部に位置します。

北の陸別町から流れ来る利別川中流域と、その支流である足寄川、美里別川流域をほぼその町域とし、日本の町村で最も広い面積を誇ります。

北西部は石狩山地の山々が、東縁には雌阿寒岳があり標高が高くなっています。

中央南部は利別川河谷に沿って平地があり、ここに中心市街があります。

典型的な内陸性気候で、気温の年較差が大きく冬の寒さは厳しい。降水量は少なく、日照時間は長です。

山 : 雌阿寒岳(1,499m)、阿寒富士(1,476m)、ウコタキヌプリ(747m)、西クマネシリ岳(1,635m)、東三国山(1,230m)、喜登牛山(1,312m)

河川: 利別川、足寄川、美里別川

湖沼: 活込貯水池(足寄湖)、オンネトー


観光名所としては、
あしょろ銀河ホール21
足寄動物化石博物館
里見が丘公園
オンネトー : 北海道三大秘湖の一つ
足寄カマンベールチーズ工場
雌阿寒温泉(国民保養温泉地)
芽登温泉
ラワンブキ(北海道遺産):日本一大きなフキ
足形歩道
松山千春の生家 などがあります。


交通アクセスは、

空港は、

釧路空港 (釧路市)
帯広空港 (帯広市)
足寄ヘリポート

JRは、北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線が通っていたが、現在は廃止されています。

バスは、ふるさと銀河線廃止代替バス 十勝バスが、本別・池田・帯広方面および陸別方面へのバスを運行しています。

置戸・訓子府・北見方面へは陸別にて乗り換えとなります。

道路は、高速道路 道東自動車道 足寄IC バイパス ありません。

一般国道は、国道241号、国道242号、国道274号







posted by アリスト at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。