北海道中川町は、温泉もあり、観光地もある穴場の北海道観光です。

中川町(なかがわちょう)は、上川支庁北部に位置する町です。

明治期よりアンモナイトの化石が発掘され、 「化石の里」として町おこしを行っています。

面積 594.87km² 総人口 1,964人(2007年3月31日)

地理的には、上川支庁北部に位置する。東西を山に囲まれた地形です。

町内を東から北西にかけて流れる天塩川に沿って、集落が存在します。

山: パンケ山 ペンケ山

河川: 天塩川 安平志内川

湖沼: 三日月沼

観光名所やお祭りは、
ぽんぴら温泉
斎藤茂吉記念歌碑
茂吉小公園
中川町エコミュージアムセンター
中川神社祭(8月2,3,4日)
中川町短歌フェスティバル(9月)
ほうねんまつり
丸太押し相撲大会
なかがわ秋味祭りなどがあります。

斉藤茂吉の兄、守屋富太郎が町内の診療所(志分内診療所)に勤務していました。

1932年に斉藤茂吉は兄を訪ねるために中川村(当時)に訪れ、滞在中にいくつかの歌57首を残しました。

これを記念し、中川町では1994年からイベント「中川町短歌フェスティバル」をおこなっています。

また志分内診療所跡には茂吉小公園が設置され、短歌フェスティバルの最優秀作品を掲示しています。

交通アクセスは、

空港は、
旭川空港 (東神楽町)  但し、相当な距離がある。
稚内空港 (稚内市)   1時間ほどと近い場所にある。

道路に関しては、一般国道、国道40号 があります。








タグ:中川町
posted by アリスト at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。