北海道美深町チョウザメ キャビアで有名です

美深町(びふかちょう)は、上川支庁北部に位置する町です。

町名の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)のからきているみたいです。

面積 672.14km² 総人口 5,471人(2006年10月31日)

地理的には、上川支庁北部に位置します。

町内を南北にかけて天塩川が流れ、国道40号、宗谷本線が走っています。

町面積のほとんどは森林。西の天塩山地、東の北見山地に囲まれています。

山: 函岳(1124m)

河川: 天塩川



国土庁「水の郷百選」認定。

森林公園びふかアイランド
美深チョウザメ館(ミニ水族館)
林業保養センターびふか温泉
道の駅びふか
びふか松山湿原(日本最北の高層湿原)
旧国鉄美幸線
美幸線では、嫁不足に悩む町内の農家の若者と、都会の女性を引き合わせる「美幸線お見合い列車」が企画され実際に運行されたことがある。
トロッコ王国 廃線となった美幸線を、自分が運転するトロッコで走行できます。(要普免)
美幸の鐘(美深駅)

交通アクセスとしては

空港
旭川空港 (東神楽町)

JRは、

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線 : 南美深駅 - 美深駅 - 初野駅 - 紋穂内駅 - 恩根内駅 - 豊清水駅
かつては美深から美幸線が分岐していましたが、現在は廃止されています。

道路は、一般国道、国道40号、国道275号 美深峠(438) があります。




美深町ホームページへアクセス










タグ:美深町
posted by アリスト at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。