北海道夕張市の歴史 昔は炭鉱で活気がありました

歴史

市町村名の由来はアイヌ語の「ユーパロ」(鉱泉の湧き出るところ)が語源といわれています。

明治初期から炭鉱の町として栄え、空知地方でも特に多くの石炭を産出しました。

1874年にお雇い外国人で北海道開拓使(当時)のベンジャミン・スミス・ライマン地質学士がこの地を踏査し、夕張川流域に石炭鉱脈の存在が考えられると発表しました。

1888年に北海道庁の技師で元ライマン調査隊隊員の坂市太郎(ばん いちたろう)が再調査により大露頭(鉱脈)を発見、入植者の募集と試掘に始まり多数の炭鉱が拓かれ、国内有数の産炭地として盛況を誇ってました。

1960年(昭和35年)には北炭(夕張鉱業所・平和鉱業所)・三菱(大夕張鉱業所)の三大鉱業所を中心に北炭機械工業(鉱山・産業機械製造)、北炭化成工業所(コークス・化成品製造)などの関連産業も発達し、116,908人の人口を抱える都市となりました。

しかし昭和30年代後半以降エネルギー革命が進行、海外炭との競争、相次ぐ事故、国の石炭政策の後退に直面。鉱業者側も手をこまねいていたわけではなく、鉄鋼コークス用などの原料炭(高品位炭)など価格の高い炭種の供給に活路を見出すべく三菱南大夕張炭鉱、北炭夕張新炭鉱が開発されたが、その後の鉄鋼不況により需要は伸びず、1973年に大夕張鉱業所が閉鎖して以来閉山が相次ぎ、1981年には市内屈指の規模を持ち基幹事業所であった北海道炭礦汽船(北炭)夕張新鉱で北炭夕張新炭鉱ガス突出事故が発生し、後に夕張新炭鉱を運営してきた北炭夕張炭鉱株式会社は倒産、石炭産業の衰退に拍車がかかりました。

1990年に最後まで残っていた三菱石炭鉱業南大夕張炭鉱が閉山しました。

元々炭鉱により開かれた町であり、大規模な農業にも向かない地域であった上、石炭産業以外の産業基盤が皆無同然だったため雇用の受け皿がなく働き手の若者が都市へ流出し、人口が激減しました。

街には高齢者が残る結果となり、少子高齢化が進みました。

現在では、歌志内市、三笠市に次いで、全国で3番目に人口が少ない市であります。

これに加え1991年より北海道開発局によって夕張川に夕張シューパロダムの建設が計画され、これに伴い大夕張地区の住民188戸が移転しました。

2006年よりダムは本体工事を開始し2013年に完成する予定であります。

ダム完成による莫大な固定資産税収入や水源地域対策特別措置法による周辺地域整備のための国庫補助などで新たな観光拠点育成としての期待がある一方、世界で唯一の橋梁形式である三弦橋の水没や公共事業依存への懸念が出ています。

現在は気温の寒暖差を生かしたメロン栽培(夕張メロン)、石炭の歴史村、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭など観光の町として町おこしを進めているが、厳しい状況にります。


年表

1874年 北海道開拓使雇ベンジャミン・スミス・ライマン探検隊が夕張川の上流に炭層の存在を推定。

1888年 北海道庁の技師、坂市太郎がシホロカベツ川上流にて大炭層の露頭を発見。

1890年 登川村を設置、村界告示され岩見沢村戸長役場の管轄となる。開拓者らの入植を開始。

1892年 夕張炭山の採炭開始、北海道炭礦鉄道 追分−夕張間開業(現在の石勝線)。

1893年 角田村(現在の栗山町)・長沼村とともに、由仁村に併合される。

1897年 由仁村戸長役場より分離、登川村戸長役場として独立。

1906年 二級町村制が施行される。

1907年 大夕張炭鉱会社が設立。

1912年 大夕張炭鉱会社を三菱合資会社が買収。

1918年 登川村を夕張町と改める。

1919年 一級町村制施行。

1920年 第一回国勢調査、夕張町人口51,064人。

1943年 市制施行、夕張市となる。

1959年 市長に橘内末吉が就任。

1960年 第九回国勢調査にて最多人口116,908人を記録。

1962年 大夕張ダム(シューパロ湖)完成。

1971年 市長に吉田久が就任。

1975年 北海道炭礦汽船夕張鉄道線廃止。

1978年 石炭の歴史村工事着工。

1979年 市長に中田鉄治が就任。

1981年 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故発生。最終的な犠牲者は93名。

1983年 石炭の歴史村全村オープン。

1987年 三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃止。

1988年 開基100年、市制施行45周年記念式典挙行。

1990年 三菱南大夕張炭鉱が閉山、これにより市内の全ての炭鉱が閉山。

1991年 第1回ゆうばり国際冒険ファンタスティック映画祭を開催。夕張シューパロダム建設計画が発表される。

2003年 市長に後藤健二が就任。

2007年3月6日 深刻な財政難から、財政再建団体となる。

2007年4月27日 市長に藤倉肇が就任。

2013年 夕張シューパロダムの完成予定年。


どちらにしろ、早く町自体が活気を取り戻してほしいと思います。

これからの若者があこがれる、町作りが出来たら最高ですね。


タグ:夕張市
posted by アリスト at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夕張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。