北海道雄武町温泉も観光名所もあります

雄武町(おうむちょう)は、網走管内の北部に位置する町です。

町名の由来は、アイヌ語の「オムイ」(河口が塞がるの意)からきているみたいです。

面積 637.03km² 総人口 5,474人(2005年3月31日)

地理としては、オホーツク海に面する町です。

網走支庁最北に位置し、上川支庁・宗谷支庁と接しています。

山: ピヤシリ岳(987m)

川: 雄武川、幌内川

観光に関しては、風の丘

道の駅「おうむ」から約2kmほど行った斜面にある広大な公園です。

中にはアスレチック設備、パークゴルフ、バーベキュー場、キャンプサイトなどもあります。

日ノ出岬
ここから眺められるオホーツク海がオレンジ色に染まる日の出は絶景です。

岬にはキャンプサイトが完備されています。

またコテージもあります。

歩いて数分のところには日の出岬ホテルがあり多くの宿泊客で賑わっています。

海塩水の温泉があり有料だが誰でも入浴できます。

アトピー性皮膚炎に抜群の効果があり遠方から訪れる人も多いようです。

交通アクセスは、

空港
紋別空港 (紋別市)

鉄道・バス
かつては興浜南線(雄武町〜興部町にわたる約20km)が通っていたが、現在は廃止されています。

北紋バス・宗谷バスによる路線バスが運行されています。

道路は、一般国道、国道238号

産業は漁業、酪農、畜産、林業です。

サケ、ホタテ、カニなどが獲れるところです。


タグ:雄武町
posted by アリスト at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44897141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ちょっと和久井のどーなの・・・ってどーなの(^^;
Excerpt: 今日の   STVどさんこワイド180   のニュースでやっている   ちょっと和久井のどーなの   で、   リサイクル   について取り
Weblog: オザシンページ ?気の向くままに独り言(^^;?
Tracked: 2007-06-15 15:23
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。