北海道浜頓別町は酪農と漁業の町、おんせんもあります

浜頓別町(はまとんべつちょう)は、北海道最北の宗谷支庁の東に位置する町であります。

町内にあるクッチャロ湖は、野鳥がたくさん集まりラムサール条約の保護区に指定されています。

町名の由来はアイヌ語「トウ・ウン・ペツ」(沼から出る川)からきているみたいです。


面積 401.56km²※境界未定部分あり 総人口 4,475人(2006年12月1日)

地理的には、宗谷支庁の東部に位置します。

東岸はオホーツク海に面し、湿原が広がっています。

町西部・南部は山岳が広がります。

山: 珠文岳(761)

河川: 頓別川

湖沼: クッチャロ湖(大沼、小沼)

観光名所は
ウソタンナイ砂金採掘公園(2002年世界砂金掘り選手権大会開催地)
クッチャロ湖 : ハクチョウが飛来する日本最北の湖
ベニヤ原生花園
神威岬
クローバーの丘
浜頓別温泉 などがあります。

交通アクセスは、

空港は、
稚内空港 (稚内市)

JRは、
かつては天北線、興浜北線が通っていたが、現在は廃止されています。

下記駅の間を結ぶバスが運行されています。

北海道旅客鉄道(JR北海道)

宗谷本線 : 稚内駅、音威子府駅

また、枝幸へのバス路線もある。


道路は、高速道路現在はありません。

バイパスも現在はありません。

一般国道は、国道238号、国道275号があります。


浜頓別町は、産業として酪農と漁業が盛んなところです。




タグ:浜頓別町
posted by アリスト at 21:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
訪問感謝です
ですが、ここのページの趣旨がよく分かりません。アフィリエイトなのか、地域紹介なのか、判断つきかねます。もし前者なら、トラックバックは削除します。文字も大きくしていて、そういったページなのでしょうか。
返信よろしく。
Posted by ayappi at 2007年06月15日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44962416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。