北海道遠別町 日本の稲作の北限地であり

遠別町(えんべつちょう)は、北海道の留萌支庁北部にある町です。

町名の由来は、アイヌ語の「ウイベチ」(相語る川)からきているようです。

日本の稲作の北限地であります。

面積 590.86km² 総人口 3,325人(2006年11月30日)

地理的には、留萌支庁北部に位置します。

山: ピッシリ山(1032m)

河川: 遠別川

観光名所としては、旭温泉、富士見ヶ丘公園、金浦原生花園 があります。

遠別町の主要産業は漁業、農業、酪農、林業などがあげられます。

稲作の北限地でもあります。






タグ:遠別町
posted by アリスト at 10:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
これから2〜3ヶ月の晴れた日、海に沈む
夕日は最高。観る者をとりこにしてしまう
美しさがここにはあります。
また遊びに来て下さい。
Posted by モモちん at 2007年06月18日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。