北海道鶴居村はタンチョウの生息・繁殖地 観光名所でもあります

鶴居村(つるいむら)は、北海道釧路支庁管内の阿寒郡にある村です。

現在、釧路支庁では唯一の村となっています。

釧路空港に近く、釧路湿原国立公園を眼下に見ることができます。

自然環境が豊富な下幌呂地区に分譲住宅地を展開しています。

ここでは、一世帯当たりの敷地面積を200坪前後にしたゆとりある空間が整備され、首都圏からの移住促進事業を展開しています。

その結果首都圏等から富裕層が移住し、村の人口が増加に転じてきています。

村名の由来は、特別天然記念物タンチョウの生息・繁殖地であることからきています。

面積 571.84km² 総人口 2,635人(2005年4月30日)

レジャーとしては、
鶴居運動広場
国民健康保養センター グリーンパークつるい
鶴居どさんこ牧場「自然探勝会」
つるい村民の森オートキャンプ場 があります。

観光名所としては
釧路湿原
鶴見台
鶴居伊藤サンクチュアリ
山ア山林(北海道内唯一・全国民間初運営の森林セラピー基地)
などがあります。

交通アクセスは

空港
釧路空港 (釧路市、約40km)

鉄道はありません。

以下の駅へバスが運行される。

JR(JR北海道)

根室本線 : 釧路駅

なお、かつては鶴居村営軌道がありました。


道路は、高速道路はありません。

バイパスもありません。

一般国道は、 国道274号

産業的には、酪農・農業が盛んです。

農業所得が極めて高く、農業従事者一人あたりの平均年収額は全国一位であります。

冬季はタンチョウの飛来が多いことから観光業も盛んとなっている。

天然記念物に指定されているキラコタン岬、恩根内ビジターセンターから釧路湿原内に入る木道、北海道内唯一・全国民間初運営の森林セラピー基地「山ア山林」などをフィールドとしたバードウォッチング、自然散策、森林セラピー等の体験観光も盛んとなっています。



タグ:鶴居村
posted by アリスト at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(2) | 道東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北海道 釧路、鶴居滞在記 2
Excerpt:  26日は休養日、というわけで、釧路湿原をどさんこに乗ってトレッキングです。 乗馬というと、普段はサラブレッド系の、背が高く足が細い馬に乗ることが多いのですが、ここ鶴居村の「どさんこ牧場」では、どさん..
Weblog: 冬野由記のチャンネル
Tracked: 2007-06-19 16:42

北海道 釧路、鶴居滞在記 1
Excerpt:  さて、24日の夕張での予定は、宿泊先や、調査に応じていただいた方たちのおかげで、予定していたよりも充実した成果を得ることができました。 翌朝、最後の目的地である道東の釧路に向かいました。 今までは、..
Weblog: 冬野由記のチャンネル
Tracked: 2007-06-19 16:44
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。