北海道大樹町は農業の街ですが観光名所もあります

大樹町(たいきちょう)は、北海道十勝支庁南部にある町であります。

「宇宙のまちづくり」を標榜し、航空や宇宙分野での実験や飛行試験を積極的に誘致しています。

カントリーサインも滑走路を背景とした宇宙往還機らしきものとなっています。

町名の由来は、アイヌ語の「タイキウシ」(大木が群生するところ)からきています。

面積 816.38km² 総人口 6,379人(2005年11月30日)

地理的には、十勝支庁の南部に位置します。

西部は日高山脈に由来する山岳地帯、東部は平地で太平洋に接します。
沿岸部にはいくつかの沼が点在します。

山: 神威岳(1600m)、ペテガリ岳(1736m)

河川: 歴舟川

湖沼: 生花苗沼(生花湖・オイカマナイトー)、ホロカヤントー、キモントー

観光名所としては、
カムイコタン公園キャンプ場
砂金掘体験地
萠和森林公園
晩成海岸
晩成温泉
晩成キャンプ場
晩成原生花園
大樹町多目的航空公園(滑走路も備え、JAXAが飛行試験などを行っている。飛行船も参照)
浜大樹訓練場
などがあります。

祭りは、歴舟川清流まつり(8月)、柏林公園まつり(9月)が有名です。

また、1998年に名前に「大樹」がつく人に対して特別住民票を発行した。

国土庁「水の郷百選」認定。
コスモスの「コスピー」というイメージキャラクターが、大樹町のホームページに登場しています。



大樹町のホームページへアクセス


交通アクセスは

空港
帯広空港 (帯広市)

JR鉄道
かつては広尾線が通っていたが、現在は廃止されています。

大樹駅(1987年廃止) ありません。

バス
十勝バス

道路は、一般国道、国道236号、国道336号 がああります。

大樹町の基幹産業は酪農、漁業です。
タグ:大樹町
posted by アリスト at 09:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道東
この記事へのコメント
トラックバックしていただき
大樹町ありがとうございます
「道の駅」もありますので、
「道の駅コスモール大樹」
もコメントのどこかに入れてください
Posted by 大樹のホワイトベアー at 2007年06月19日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。