北海道日勝峠夏と冬では運転の仕方違います

日勝峠(にっしょうとうげ)とは、沙流郡日高町と上川郡清水町の間にある峠であります。

標高1023m。日高国と十勝国との間にあることから命名されました。

日勝峠の各種データ
最高点標高 1,023m
最急勾配 6.2%
最小曲線半径 50m
延長 57.800km(昭和40年開通時)
開発道路区間 53.151km
石山原野開拓線区間 4.649km
総工費 19億6293万4千円(昭和40年開通時)
工事従事者数 延べ49万人
使用セメント 8,600トン
使用鋼材 3,500トン
使用骨材 105,000立方メートル

概要
国道274号の途中にあり、道央と道東を結ぶ要衝。天候がよければ、清水側にある展望台や頂上付近から十勝平野の展望を望むことができるが、夏季は濃霧による視界不良、冬季間は路面凍結、吹雪による視界不良と、一年を通して悪条件となる場合が多く、重大事故の発生も多い。 1,000m級の標高とはいえ森林限界に達し、気象条件としては長野・群馬県境の渋峠(標高2,172m)クラスに匹敵するうえに、多くの大型車が昼夜を問わず通行する産業道路であるため圧雪アイスバーンが形成されやすく、路面状況も含めると世界的にもトップクラスの厳しい峠となっている。

急曲線や急勾配が連続する線形ながら車両の平均速度が高く、夏冬問わず80km/h以上の高速で流れていることが多い。そのため、運転に慣れない初心者や北海道外からのドライバーは恐怖感を抱くことすらある。また、登坂車線が整備された清水側と対照的に、日高側は通常の片側一車線のまま深い樹海の中で高度を上げ続けていく線形のため、速度の低い車両を後続車が追い抜けない状況が延々と続くこともある。

高速道路が日本各地で整備された現在、一般道のみで残った交通の要衝(峠道)としてはその周辺地域の経済的規模・依存度から考えると国内でも重要度の高い峠といえます。

しかし、冬期間はベテランのドライバーですら所要時間を犠牲にしてでも国道38号狩勝峠や国道236号天馬街道を迂回することが少なくないです。

特に冬期間の通行に当たっては細心の注意が求められるため、余程の事情が無い限り、一般ドライバーは迷わず迂回すべきであろう。

峠をはさんで清水側と日高側では線形や印象が大きく異なRます。

十勝平野から急速にせり上がる清水側は大きめの曲線半径で山肌を登るのに対し、日高側は沙流川の深い沢づたいに沿う。

峠としての路線延長は十勝側の方が短く、地形的にも自由度が高かったため、比較的改良整備が先行し、展望台付近と石山トンネルから上を除くほぼ全線で登坂車線の整備が完了しています。

現在は日高側の局部改良が精力的に行われている。

現在北海道横断自動車道(道東自動車道)が日勝峠の十数km北側のJR石勝線にほぼ沿ったルートで整備されています。

十勝清水-トマム間は2007年度中の供用開始が予定されており、特に悪天候の際には多くの車両が日勝峠の代替ルートとして利用することが予想されます。

タグ:日勝峠
posted by アリスト at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。