北海道石北峠から見ることの出来る北見側の展望も綺麗です

石北峠(せきほくとうげ)は、北海道の上川郡上川町と北見市を結ぶ国道39号の峠です。

最高地点の標高は1,050mです。

旧地名で石狩国と北見国を結ぶことからこの名があります。

現在は、上川支庁と網走支庁の境界線の一部となっています。

峠頂上の展望台からは、北見側の展望を望むことができます。

また、峠を北見側に下ると、東洋一の水銀の産出量を誇ったイトムカ鉱山の跡地があります。

現在、同鉱山跡は乾電池などに使用される水銀などの廃棄物の処理工場があります。

かつては交通の難所だったが、年々曲線部のトンネル化や改良工事により道路線形が改善されつつあります。

しかし現状でも冬の悪天時は通行止めなどの交通規制がされる場合があるので、事前に交通情報を集めたほうがよい峠でもあります。


タグ:石北峠
posted by アリスト at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。