北海道苫前町は風力発電の風車で有名です

苫前町(とままえちょう)は、北海道留萌支庁中部に位置する町です。

町名の由来はアイヌ語の「トマオマナイ」(エゾエンゴサクのあるところ)からきているみたいです。

風力発電が盛んなところです。

国道232号からみる北海道最大級の風力発電風車群は圧巻。

同様の大風車群は苫前町より北の幌延町でもみられます。

どちらも北海道らしい雄大な風景と言えると思います。
また、日本海を一望できる温泉「ふわっと」は、地元民のみならず、多くの支持を集めています。

面積 454.53km² 総人口 3,998人(2006年11月30日)

地理的には、留萌支庁中部、日本海側沿岸に位置します。

河川: 古丹別川

観光的には温泉、苫前温泉があります。

交通アクセスは

空港
旭川空港(東神楽町)

国道は、一般国道、国道232号、国道239号(霧立峠)があります。

苫前町の主要産業は沿岸漁業、農業、酪農、林業など盛んです。

農業は米などの生産が多いです。

苫前漁港







タグ:苫前町
posted by アリスト at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道北
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。