北海道福島町横綱千代の山・千代の富士の出身地でもあり観光名所としても有名です

福島町(ふくしまちょう)は、北海道渡島支庁にある町です。

渡島半島南西部に位置します。

第41代横綱千代の山雅信、第58代横綱千代の富士貢の出身地で、日本一横綱の誕生する割合が高い町です。

面積 187.23km² 総人口 5,671人(2007年5月末)

地理としては、渡島支庁西部に位置します。

南岸は津軽海峡に接しています。

内陸部は山地です。

山: 七ツ岳(957m)、岩部岳(794m)、大千軒岳(1072m)

河川:知内川、福島川

岬: 矢越岬

観光名所としては、

福島町立青函トンネル記念館(2005年4月よりリニューアルオープン)
横綱千代の山・千代の富士記念館 があります。

祭りとしては、

やるべ福島イカまつり(8月)
福島大神宮例大祭(9月)
カントリーフェスティバル(10月)
南北海道駅伝大会(11月)
などが有名です。

交通アクセス

空港
函館空港(函館市)

JR鉄道・バス
北海道旅客鉄道(JR北海道)

海峡線 : 吉岡海底駅

※海底にある駅のため、地上からは出入りできません。

海峡線の列車から乗降可能です。

かつては松前線が通っていたが、現在は廃止されています。

代替バスは函館バスが運行しています。


道路は高速道路 ありません。


バイパスもありません。

一般国道は、国道228号 国道280号(国道228号と重複)があります。

福島町の経済は産業としては漁業が盛んです。

珍味スルメの生産量は日本一です。








タグ:福島町
posted by アリスト at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 道南
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

八女提灯の歴史について
Excerpt: こんにちはっ!!久しぶりの更新になりました。 今回は八女提灯の歴史についてご紹介したいと思います。 八女提灯が生まれた八女地方は昔から提灯を作るのに最適な環境にありました。 火袋..
Weblog: 提灯の匠屋ブログ
Tracked: 2007-06-24 09:52
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。