北海道江差町文化遺産もたくさん観光名所としても有名なところです

江差町(えさしちょう)は、北海道檜山支庁中部にある日本海に面した町です。

支庁所在地でもあります。

町名の由来はアイヌ語の「エサシ」(昆布の意)から。 江差追分発祥の地でもあります。

面積 109.57km² 総人口 9,929人(2006年11月30日)

地理的には、檜山管内中部に位置します。

西部は日本海に面し、厚沢部川の河口があります。

東部は山岳地帯です。

江差線の終点。奥尻島と結ぶフェリーが運航されています。

河川: 厚沢部川

文化財

重要文化財(国指定)
旧中村家住宅

天然記念物(国指定)
ヒノキアスナロおよびアオトドマツ自生地

埋蔵文化財
開陽丸遺跡

北海道指定文化財(建造物)
旧檜山爾志郡役所庁舎

江差町指定文化財(建造物)
檜山奉行所正門
旧関川家別荘
金丸家住宅母屋及び土蔵

観光名所としては、

姥神大神宮
五厘沢温泉
砂坂海岸
かもめ島海水浴場
エビス浜海水浴場
ヒノキアスナロ、アオトドマツ自生地(天然記念物)
旧中村家住宅(国指定文化財)
旧檜山爾志郡役所
開陽丸青少年研修センター
などがあります。

お祭りは、

姥神大神宮渡御祭 8月
江差追分全国大会 9月
などがあります。

交通あくせすは、

JR鉄道
北海道旅客鉄道(JR北海道)

江差線:江差駅

道路は、一般国道、国道227号、国道228号、国道229号 があります。

江差町の経済の基幹産業は漁業です。









タグ:江差町
posted by アリスト at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 江差
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。