北海道北斗市トラピスト修道院も観光地として有名です

トラピスト修道院はカトリックの修道会の一つである厳律シトー会(トラピスト会)の修道院で、日本では主に北海道北斗市三ツ石(渡島当別)に所在する灯台の聖母トラピスト大修道院の通称となっています。

函館のおみあげ トラピストクッキーは昔から有名です。

歴史はあります。

1894(明治27)年、当時の函館教区長A.ベルリオーズ司教がトラピスト会総長に日本に創立の可能性を打診したのが始まり。信徒により函館郊外、当別の原野が寄進され、1896(明治29)年10月末には9名の修道士の来日をみた。そして、同年11月21日聖母奉献の祝日にベルリオーズ司教の司式で修道院の開院式が開かれて、教会法的に正式な創立となった。新修道院は付近の葛登支(かっとし)灯台にちなみ灯台の聖母修道院と名付けられた。所在地から当別修道院と呼ばれることもある。

1897(明治30)年1月、ノルマンディー地方にあるブリックベック修道院の副院長であるジェラール・プゥイエ師が、修道院長として来日し、当別に着任。1898(明治31)年4月30日には、函館湯川に女子トラピスチヌ修道院天使園が創立される。

1908(明治41)年、当別小教区が創設された。当初は当別修道院に併設されていたトラピスト学園(孤児院)の聖堂が使用されたが、プゥイエ(帰化して岡田普理衛と名乗る。)師によって当院の門前に聖堂が建てられ、1917(大正6)年に祝別、聖リタに捧げられた。以来、当院の司祭が司牧している。(本来、観想修道会である厳律シトー会の司祭が小教区を司牧することはないのであるが、当院は例外的に許可を受けている。)聖堂は、その形から『まるみ堂』とも呼ばれた。

1935(昭和10)年の総会で、灯台の聖母修道院は大修道院に昇格される。

現在、当別修道院の他、男子修道院としては1980(昭和55)年大分県日出町に開設された『お告げの聖母修道院』(大分トラピスト修道院)を、また女子修道院はトラピスチヌ修道院の他、国内に四カ所、海外(韓国)に一カ所を子院として持ち、会員は「祈り働け」をモットーに、各修道院にて労働と祈りの日々を送っている。


童謡『赤とんぼ』の作詞者として知られている詩人の三木露風は30代の初めの頃、プゥイエ院長の招きで当院の文学概論、美学論などの講師として夫人とともに4年間を当別で過ごし、その間に夫婦で受洗してカトリック信者となった。また、男爵イモの開発者として知られる川田龍吉男爵も、その晩年に当別教会にて、D.ベネディクト大修道院長によって洗礼を授けられた。

当別修道院や大分修道院で作られたバターやクッキーは有名で、好評を博している。

引用ウィキペデア


posted by アリスト at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道南
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。