足湯温泉

足湯(あしゆ)とは、足だけ温泉に入浴するための浴槽、およびそれが設置してある場所のことであります。

服を脱がずに手軽に温泉を楽しめるので、温泉街の街角に設置されることが多いです。

他にも、鉄道駅、道の駅、公園など、観光客が多く集まる場所で見かけることができます。

ほとんどの足湯は無料で利用できます。

但し、一部では寸志または料金が必要なことがあるが、いずれも200円未満の金額で楽しむことが可能であります。

全身で入浴する通常の温泉と違って、足湯だと膝下だけしかお湯につからないので、のぼせにくいです。

また、足には太い血管が通っているので全身を温めることができます。

当然靴はおろか、靴下類を脱ぎ裸足にならねば入る事は出来ないです。

従ってその場で脱げる靴下でないと便宜上よろしくないです。

中には更衣室が用意された足湯があるがそれはごく僅かであります。

従って温泉地にはタイツやパンティーストッキングといった長履きの物は不向きであります。

しかし鳴子温泉や城崎温泉のように、下駄を履いて歩くことを前提としてある温泉地もあり、そこでは素足に下駄で過ごせば問題ないです。

著名な足湯
銀山温泉(山形県)
日中温泉(福島県)
上諏訪温泉(長野県諏訪湖畔)
城崎温泉(兵庫県)「さとの湯」
湯村温泉(兵庫県)「ふれ愛の湯」
道後温泉(愛媛県)
湯田温泉(山口県)
山鹿温泉(熊本県)
東日本旅客鉄道上諏訪駅1番線ホーム(長野県、ホームに入れるきっぷが必要)
東日本旅客鉄道鳴子温泉駅(宮城県)
京福電気鉄道嵐山駅(京都府)
道の駅たるみず(日本一の長さの足湯がある)
新北九州空港3階
鹿児島空港(空港内の足湯としては日本初)
などがあります。




タグ:足湯
posted by アリスト at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おやっとさぁ 〜鹿児島空港天然温泉足湯〜
Excerpt: 今日は、昨日の晩から、雨が降り続く一日でした。こんな日は、足の痺れと痛みに悩まされます。風邪が治りかけたのに、この天気.....。皆さんは、如何お過ごしでしたか?っというわけで、今日は、鹿児島空港で体..
Weblog: OH! Great Diary
Tracked: 2007-06-26 00:13
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。