北海道白金温泉 観光地としても有名です

白金温泉(しろがねおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡美瑛町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉であります。

付近は白樺林がとても多く美しいところです。

交通アクセスは、

自動車 : 美瑛町市街から20分、旭川空港から40分、旭川市から50分、富良野市から50分。

鉄道 : 最寄の駅は富良野線美瑛駅。美瑛駅からはバスでアクセス。

バス : 美瑛駅前より、道北バスを利用。所要26分。旭川駅前からの直通バスもある(全便美瑛経由)。

5月中旬から11月中旬までは、十勝岳温泉、吹上温泉へは車で15分ほどで行くことができるが、冬季は道道が通行止めとなるため、大回りしなければならなくなります(その際は、上富良野を経由する)。

泉質は、芒硝泉

源泉温度46〜55℃

神経痛に対する効能が高いとされ、「杖忘れの湯」といわれています。

白金温泉の温泉街は、十勝岳の山麓に6軒の旅館が存在します。

共同浴場はありません。

日帰り入浴施設は1軒、「国民保養センター」があります。

国設のキャンプ場やパークゴルフ場もあります。


白金温泉の観光名所としては、望岳台、不動の滝、美瑛青池、白金インフォメーションセンター(喫茶店・パークゴルフ場併設)、美郷不動尊、白金模範牧場、白金野鳥の森 などがあります。






タグ:白金温泉
posted by アリスト at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。