北海道愛山渓温泉 冬は道路が通行止め 徒歩かスノーモービルで行きます

愛山渓温泉(あいざんけいおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡上川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉です。

大雪山への登山基地の一つとなっています。

交通アクセスは、

鉄道:石北本線上川駅より車で約60分。

冬季はアクセス道路が通行止となり、途中から徒歩またはスノーモービルで8km以上行くことになります。

泉質は、

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉

源泉温度42℃

愛山渓温泉の温泉街は、大雪山の北側登山口に、1軒宿の「愛山渓倶楽部」が存在します。

一般客用の宿泊施設と、登山客用の山小屋施設があります。

共同浴場などはなく、旅館の日帰り入浴を利用することになります。

温泉の発見は明治時代の終わり頃と言われています。








タグ:愛山渓温泉
posted by アリスト at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。