北海道中岳温泉 大雪山旭岳山系、中岳の花畑の中に湧く秘湯です

中岳温泉(なかだけおんせん)は、北海道上川支庁管内上川郡東川町(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある、大雪山旭岳山系、中岳の花畑の中に湧く秘湯です。

交通アクセスは、

アクセス道から見える白鳥の雪渓(2006年7月)旭川市街からバスで旭岳温泉まで約70分、そこからロープウェイに乗って姿見の池に下車後、徒歩約2時間くらいです。

このアクセス道は裾合平と呼ばれる高原を、秀麗な旭岳を右手に見ながら、チングルマの咲き誇る花畑の中を歩くコースです。

途中の道は7月まで雪渓が残り、ぬかるみが続くので、登山靴や長靴の使用をおすすめします。

また高山なので雨具・防寒具は必携。愛山渓温泉へ行く分岐点から右に30分ほど登った渓谷沿いにあります。

泉質と効能については、

硫黄臭がします。

泉温はかなり高くそのままでは熱すぎて入れないので、付近の雪渓から流れ出ている渓流水を引き込んで調節します。

この温度調整はシャベルまたは手により、湯船に流れ込む水路を土木工事して実施します。

湯船横の岩を脱衣置き場に利用できます。


湯船と手入れ用のシャベル山旅の疲れに効果があります。

足湯だけでも気持ち良く疲労回復の効果があるが、全身浴は開放感もあって格別であります。

入湯後は肌がすべすべになります。

温泉街はありません。

誰かのシャベルで掘った湯船と登山道以外、人間が作ったものは見当たらない野湯であります。

周辺はハイマツが茂りツガザクラの咲く花畑で、本格的秘湯としてアウトドア派の注目を集めています。

ただし時期によっては長湯は禁物であります。

付近には季節によっては虻が多く発生し、人の気配に集合し裸でいることは無防備であります。

また、ヒグマの生息地帯でもあるため、熊除けの鈴持参などの対策は欠かせないです。







タグ:中岳温泉
posted by アリスト at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。