北海道札幌市中島公園 今でも都心部のデートスポットですね 散歩にはとてもいいところですね

中島公園(なかじまこうえん)は、北海道札幌市中央区にある公園であります。

明治時代に、中島遊園地(なかじまゆうえんち)として設けられていました。

市の中心部から見て南にある公園内には、札幌コンサートホールKitara、北海道立文学館、札幌市天文台、重要文化財の豊平館と八窓庵など様々な施設が立地します。

公園分類は「都市公園」。札幌市が管轄し、民間企業3社で構成する「さっぽろパークマネジメントグループ」が指定管理者として管理しています。

面積210,416m²。

中島公園の歴史について

中島の名は、後に鴨々川(創成川)にまとめられる二つの流れにはさまれた地であることに由来します。

豊平川の対岸にある「中の島」も事情は同じだが、はさんだ川が異なるので別地名でありまうす。

中島公園の辺りは、明治初めには市街の外にあり、明治末にも市街の縁辺部に位置しました。

中心市街の一部と見られるようになるのは、戦後になってからである。

初期の中島公園は、大部分が手入れのない林のまま、今日でいう自然公園に近かったが、しだいに施設が増加し密度を増しました。

1886年(明治19年)に札幌区に編入され、翌年の第10回北海道物産共進会の会場となりました。

これ以後中島遊園地は1958年(昭和33年)まで様々な博覧会の会場になりました。

展示場として建てられた建物の一部は、閉会後も残されたが、今に伝わるものはない状態です。

1956年(昭和31年)に都市公園法が制定されると、中島公園は翌年3月23日に都市公園として告示されました。

1990年から1992年には、さっぽろ雪まつりの第4会場となりました。

こうした経緯から2006年には前年度で終了した真駒内会場の代替地として雪まつりの開催が検討され、北海道新聞に決定記事が掲載されるまでに至ったものの、巨大で重量のある雪像が札幌市営地下鉄施設へ与える影響などの懸念が出され見送りになり、サッポロさとらんどが選ばれました。

公園の長い歴史の中で施設の入れ替わりも多く、2005年現在までに廃止あるいは移転となったのは、スケート場、野球場、体育センター、遊園地、ラジオ局、食堂などであります。

公園に移転してきた国の重要文化財に、豊平館と八窓庵があります。

現在は、札幌コンサートホールKitara、人形劇場、児童会館、文学館、天文台などがあります。






タグ:中島公園
posted by アリスト at 00:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
TB ありがとうございます。
Posted by ni2104 at 2007年06月29日 04:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。