札幌交響楽団へアクセス

札幌交響楽団(さっぽろこうきょうがくだん、Sapporo Symphony Orchestra)は北海道札幌市に本拠を置くオーケストラです。

通称「札響(さっきょう)」と呼ばれています。

北海道新聞社の関連団体であります。

北海道に本拠を置く唯一のプロ・オーケストラであります。

定期演奏会は札幌コンサートホールKitaraで催されています。

他にも多くの演奏会が同ホールで行われており事実上の本拠地であります。

事務局も同ホール内に設置されています。


沿革としては、
1961年 札幌市民交響楽団として発足。第1回定期演奏会を開催。
1962年 財団法人 札幌交響楽団 となる。
1975年 アメリカ/西ドイツ公演。
1981年 東京/大阪公演の定期開催が開始。(現在は東京のみ。)
1992年 東南アジア公演。(94年にも開催。)
2001年 イギリス公演。
2005年 韓国公演。
2007年 第500回定期演奏会を開催。

指揮者

荒谷正雄(初代常任指揮者)
ペーター・シュヴァルツ(第2代常任指揮者)
岩城宏之(正指揮者→音楽監督→桂冠指揮者)
秋山和慶(ミュージックアドヴァイザー・首席指揮者)
堤俊作(専属指揮者)
小松一彦(専属指揮者)
高関健(専属指揮者→正指揮者)
尾高忠明(常任指揮者・ミュージックアドヴァイザー→音楽監督)
東京に本拠を置く多くの楽団とは異なり、邦人指揮者が多くその任に就いた。

演奏会は、

定期演奏会

7・8月を除き月間に2度(2日連続で同一曲目、2005年3月までは月間1回)、札幌コンサートホールKitara大ホールで催されます。

第九演奏会

年末の恒例演奏会。

札幌コンサートホールKitara大ホールで催されます。

PMFへの出演

毎年7月から8月にかけて催され、新人演奏家の世界的教育音楽祭であるパシフィック・ミュージック・フェスティバルの一環として、札幌コンサートホールKitara大ホールで演奏会を開催しています。

東京公演

唯一の定期遠征公演である。3月前後に開催される。音楽監督の尾高忠明氏の指揮によることが多いです。

札響名曲シリーズ

2006年度は年間4回開催しています。

いわゆる名曲・大曲中心のプログラムで開催されています。

ほくでんファミリーコンサート

ほぼ月間に一度、札幌コンサートホールKitaraまたは全道各地で催されています。

札響ポップス

2002年の経営危機表面化後の楽団改革の一環として2003年から不定期に開催しています。



札響のホームページへアクセス




posted by アリスト at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。